「おれたち、ともだち!」絵本<br> ともだちひきとりや

個数:

「おれたち、ともだち!」絵本
ともだちひきとりや

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2021年10月23日 00時53分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 31p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784032320800
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

"いらないともだちひきとります!おなじみキツネとオオカミが""ともだちひきとりや""を始めた。けんかばっかりしている人におすすめです。   3才から"

内容説明

えー、みなさん!“ともだちひきとりや”をしっていますか?いらないともだち、ひきとります。おいもか、ほしざかなと、こうかんです。ともだちと、けんかばっかりしているひとに、おすすめです!“ともだちひきとりや”ことキツネとオオカミより。ひきとられたともだちは、どうなるのかって?それはひみつです…!3歳から。

著者等紹介

内田麟太郎[ウチダリンタロウ]
1941年福岡県大牟田市に生まれる。個性的な文体で独自の世界を展開。主な作品は、絵本に『さかさまライオン』(童心社・第9回絵本にっぽん賞受賞)、『うそつきのつき』(文渓堂・小学館児童出版文化賞受賞)、『がたごとがたごと』(童心社・第5回日本絵本賞受賞)など多数

降矢なな[フリヤナナ]
1961年東京に生まれる。スロヴァキア共和国のブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。和洋両方の味を合わせもった独特な画風
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

124
キツネの本心をしっかり理解した上でナイスフォローを見せるオオカミ。もうすっかり大親友。そんな2人はある日、イノシシとイタチのケンカを目撃。いばりんぼうのイノシシに対し、キツネの知恵でイタチとの仲をとりもつことに。その時の駆け引きや心理戦的な計画がまぁうまいこと(笑)さすがキツネと言わざるを得ない。 2014/08/09

masa@レビューお休み中

122
『ともだちひきとりや』は、いらないともだちを引き取ってあげる商売(?)みたいです。ことの発端は、イノシシとイタチの関係にはじまります。ともだちであるはずの彼らなのですが、会うといつもケンカをしています。そんな折に、キツネとオオカミがイノシシの前に現れて、いらないともだちとして、イタチを引き取っていくのです。あぁ、この商売はいいですね。キツネとオオカミが得をするかは別ですが、功徳にはなりそうですよね。オオカミは、だんだん野獣さがなくなってきているような…。(笑)2014/08/20

おくちゃん🌱柳緑花紅

80
ともだちひきとりや?何だか不穏。でもね、キツネさんとオオカミさんには考えがあったようです。変装したキツネさんに笑ってしまいます。鏡台に向かってお化粧、眉毛を繋げてほっぺを赤くして。ポッと顔を赤らめて、いばりやの自分をひきとってもらうイノシシさんも健気。皆で遊ぶ。めでたし。めでたし。作戦成功‼2016/11/11

☆よいこ

59
今年(2019)の干支、イノシシが出てくる絵本を読もうということで読み聞かせ。ともだちやシリーズ。いばりやのイノシシからイタチを引き取り、見せつけるように遊ぶ。だんだん落ち込むイノシシから「いばりや」を引き取る話。▽ともだちやシリーズは、各本で衣装が変わる(とても可愛い)のでそこも楽しい。2019/01/18

><

57
初版2002年。オオカミさんとキツネさん、いい!そんな方法があったんだ!友達想いな二人に感動しました。時々けんかもいいけれど、やっぱり仲良しが一番だね。2014/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/528189

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。