いっぽんのせんとマヌエル ピクニックのひ

個数:

いっぽんのせんとマヌエル ピクニックのひ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 14時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 36p/高さ 17X20cm
  • 商品コード 9784032027808
  • NDC分類 E
  • Cコード C8797

出版社内容情報

前作『いっぽんのせんとマヌエル』はチリの絵本。自閉症の男の子、マヌエルと作者が出会ったことで、生まれた絵本です。線が大好きなマヌエルが、線をたどって学校へいって家に帰るまでを、シンプルな言葉と絵で描きました。文字を読みにくい人たちのために、理解を助けるピクトグラムがついています。続篇となるこの絵本は、日本のオリジナルでの刊行です。外の世界に興味を持ち始めたマヌエルが、家族でピクニックに行って、いろいろな生きものに出会います。1巻目の刊行時に、プロモーションのために来日した作者と画家が、日本の保育園でワークショップをしました。そのときに日本の子どもたちから受けた刺激もあり、生まれた絵本です。ピクトグラム付き。

内容説明

この絵本は、著者のマリアさんが、「せん」が好きな自閉症の男の子マヌエルくんと知り合ったことによって生まれました。文章といっしょに、文字やお話の内容の理解の助けとなるピクトグラム(ことばを絵で表現した絵文字)がついています。せんをたどったり、ピクトグラムを見たりしていっしょにピクニックを楽しんでくださいね。3歳から。

著者等紹介

フェラーダ,マリア・ホセ[フェラーダ,マリアホセ] [Ferrada,M.J.]
1977年生まれ。チリのジャーナリスト、作家。スペインのバルセロナ大学アジア太平洋研究科修士課程を修了。子どもむけの本を多く手がけ、さまざまな国で出版されている。チリ言語アカデミー賞、スペインのオリウエラ市詩賞、イタリアのオレステ・ペラガッティ賞、メキシコのイスパノアメリカ子どものための詩賞など受賞歴多数

メナ,パト[メナ,パト] [Mena,P.]
1980年生まれ。チリの絵本作家、イラストレーター、漫画家。作品はさまざまな国で出版されている。米国のインターナショナルラテンアワード最優秀絵本賞、スペインの児童文学フェスティバル最優秀賞絵本ウォータータワー賞などを受賞。児童書の国際ブックフェアでは、チリ公式代表団にも選出される。現在はスペインのバルセロナで暮らし、スペインを拠点に活動している。パトリシオ・メナ→パト・メナと表記が変わる

星野由美[ホシノユミ]
1969年生まれ。主にスペイン語圏の絵本翻訳と、紹介につとめている。絵本サイト「ころりんころらど」を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うー

9
<絵本>文字や話の意味をシンプルな絵で表現したピクトグラムがついている絵本。わかりやすいので、字が読めない子でもお話を楽しめる。こういった本も増えてほしい。

おはなし会 芽ぶっく 

8
前作『いっぽんのせんとマヌエル』 https://bookmeter.com/books/12105925 がとても良かったのでこちらも手にとりました。前作は高齢者施設で喜ばれたのでまた機会があれば一緒に楽しみたいです。ピクトグラムは高齢者にも優しいです。2020/04/01

遠い日

6
またマヌエルに出会えた。やっぱり線が好きなマヌエル。ピクトグラムの助けによって、絵本の内容がとてもわかりやすい。今日はピクニックの日。線を描くことで、自然の中の動きを見、感じるマヌエル。マヌエルが見る自然の姿は、安寧で平和。マヌエルの満足感がよく伝わる。2020/02/12

こまさん

2
マヌエル一家は田舎へピクニック。大自然に触れて落ち着く様子がこちらまでうれしい( ◠‿◠ )2021/07/01

Olga

1
『いっぽんのせんとマヌエル』の日本オリジナルの続編。マヌエルが家族と一緒に田舎に出かけて、自然とふれあうという、ただそれだけの物語に、ピクトグラムがそえてある。読み終えて、不思議と温かい気持ちになった。2020/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14810034

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。