ちりめん細工の小さな袋と小箱

電子版価格
¥1,400
  • 電書あり

ちりめん細工の小さな袋と小箱

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 128p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784023331488
  • NDC分類 594.7
  • Cコード C2077

出版社内容情報

色とりどりのちりめんで作る手のひらサイズの小袋と小箱を合わせて、25パターンほどを紹介。飾って楽しく、実用的に使えるものも。

内容説明

ちりめん細工は、着物などに使われた縮緬の小さな残り裂を使い、手のひらに載るほどの大きさの花、鳥、人形などの袋物や小箱などが作られた伝統手芸。江戸時代からの歴史を持つ小袋や小箱に焦点を当て、日本玩具博物館のちりめん細工講師が作り方をやさしく解説。

目次

小さな巾着袋
丸形小箱
団扇形の小箱―露草・花菖蒲
五角袋
兎袋
蝶袋
福助と姫だるまの小箱
椿の下げ箱
扇形小箱
桧垣文様袋〔ほか〕

著者等紹介

井上重義[イノウエシゲヨシ]
1939年兵庫県姫路市生まれ。1963年より日本の郷土玩具の収集に取り組む。1974年に玩具博物館を個人で設立。ちりめん細工は1970年から収集を始め、1986年より展示や講座を開催して普及と質の向上に努める。地域文化功労者文部科学大臣表彰、サントリー地域文化賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。