朝日新書<br> 私たちはどう生きるか―コロナ後の世界を語る〈2〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

朝日新書
私たちはどう生きるか―コロナ後の世界を語る〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 01時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 192p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022951359
  • NDC分類 304
  • Cコード C0231

出版社内容情報

新型コロナで世界は大変容した。経済格差は拡大し社会の分断は深まり、暮らしや文化のありようも大きく転換した。これから日本人はどのように生き、どのような未来を描けばよいのか。多分野で活躍する賢人たちの思考と言葉で導く論考集。

内容説明

歴史の転換期とどう向き合うか?各界で活躍する精鋭が「変化」の本質に迫る!パンデミックが大きく変えたのは人びとの「死生観」だ。この国のかたちが一変し、誰もが「死」と隣り合わせになる今、人間と社会をどのように捉えればよいのか。深い思索を呼び起こす珠玉の論考・インタビュー集。

目次

第1章 社会はどこへ向かうのか(マルクス・ガブリエル―失われる私的領域 新全体主義に「精神のワクチン」を;東浩紀―「分からない」をベースにして連帯するしかない;桐野夏生―正義と悪、右と左…人間は二元論では語れない;多和田葉子―効きにうつむいて耐える日本を言葉で揺さぶりたい;金原ひとみ―人と関わることはどういうことなのか?今考えるべき問い;宇佐見りん―隔たりか繋がりか人との距離を選べなくなった今;出口康夫―「できなさ」が基軸の社会へ価値観の転換を)
第2章 分断を超えて(オードリー・タン―対立より対話で共通の価値観を見つけ憎悪の広がり回避を;ロバートキャンベル―見えない日本の貧困 重りをとっぱらって真の豊かな国に;パオロ・ジョルダーノ―複雑な問題には単純な解決策は存在しない;金田一秀穂―日本語という「不思議な」言葉は緊急事態に向かない)
第3章 危機と国家(岩田健太郎―「条件なき」緊急事態宣言は伝わらない;西浦博―政治家には覚悟のかけらもなかった;カーメン・ラインハート―世界銀行が危惧する「静かな」金融危機日本が陥った罠とは;クラウス・シュワブ―世界が学ぶべき低成長でも「幸福」な日本の経済社会;グレン・ワイル―民主主義と国際市場の柔軟性を統合した新たなメカニズムを)
第4章 生きること、死ぬこと(瀬戸内寂聴―コロナ禍の孤独や苦しみは「永遠には続かない」;阿川佐和子―会えなくても距離があっても見送ることはできる;柳田邦男―「さよならなき別れ」現代における死と死者の尊厳への問い;筒井康隆―「死を忘れるな」小説に込めた思いとは―)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さきん

26
一巻目よりも、若い小説家へのインタビューが増えているところが良かった。人の数だけ考え方は捉え方は違う。コロナ後というものはなく、常に感染症のリスクにさらされているということを認識する限りに認識し続けるというのが今後の展開になりそう。忘れられた頃がいわゆるコロナ前の状況ということになるだろう。2021/11/26

あまね

20
朝日新聞デジタルで配信されたインタビューや記事を纏めたものですが、こうして一冊の本となると読み応えがありました。学者の知見、経済界、そして文化人と多方面からの角度の違う意見はポスト・コロナのヒントとなります。個人的には桐野夏生氏、金田一秀穂氏、多和田葉子氏の記事が心に残りました。また、『まえがき』で書かれていた『世界中の誰もが「明日、感染して死ぬかもしれない」といった不安と隣り合わせの憂鬱な生活を強いられている』の言葉には深く納得。簡潔ながら、コロナ禍の流れと歴史を纏められていて勉強になりました。2021/08/17

Ayakankoku

15
20人の著名人達がコロナと向き合って述べた意見。興味深く読んだ。コロナ禍で人々の視界が狭くなっているという、ロバートキャンベル氏の指摘に納得。人と人との距離が離れることで、時にSOSを出している人の声が届かなくなる可能性の怖さ。人との関係性までウィルスに奪われてはいけないと改めて感じた。2021/08/13

まゆまゆ

13
ウィズコロナを見据えた各界著名人によるインタビュー記事をまとめた内容。単純にオンラインによってすべてが解決するわけではないことを再認識。人と人とのふれあいは五感すべてで行われて然るべきもの。2021/10/12

くらーく

10
たいていの本は、前書きとあとがきを読んでから本文を読む。本書のあとがきで取り上げられている、マルクス・ガブリエル、多和田葉子、瀬戸内寂聴の本文は、正直なところ疑問?朝日らしい取り上げられ方なのではないかねえ。どうして、詩人の経済観を持ち上げるのかねえ。海外出羽守ですかね。 本書の中で、一番響いたのは作家の桐野夏生さん。いや、桐野さんの本は読後感が悪いのよねえ。人間の負の面をギトギトと出してくるので。そして、こう書いている。「私は小説書きなのだから、小説の話に戻ろう。(略)小説を読むことだ」。いいねえ。2021/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18384681

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。