朝日新書<br> コロナ後の世界を語る―現代の知性たちの視線

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

朝日新書
コロナ後の世界を語る―現代の知性たちの視線

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月19日 02時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 200p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022950949
  • NDC分類 304
  • Cコード C0231

出版社内容情報

日本の未来はどうなるか――? 養老孟司 ユヴァル・ノア・ハラリ ジャレド・ダイアモンド 福岡伸一 ブレイディみかこ 角幡唯介 東畑開人etc. 22人の論客が示すアフターコロナの針路!朝日新聞大反響連載を書籍化新型コロナウイルスは瞬く間に地球上に広まり多くの命と日常を奪った。すべての人に平等に降りかかるこの感染症によって、社会は様変わりしてしまった。第2波の懸念も高まり、感染への恐怖が消えない中、私たちは大きく変容する世界をどう捉え、どのように考えればよいのか。現代の知性たちのパースペクティブを通し「コロナ後」を思考する糧を届ける。

内容説明

新型コロナウイルスは瞬く間に地球上に広まり、多くの生命と日常を奪った。あちこちで分断と対立が生じ、先行きは不透明だ。この危機とどう向き合えばよいのか。各界で活躍する精鋭たちの知見を提示し、アフターコロナの新たな世界を問う論考・インタビュー集。

目次

第1章 人間とは生命とは(養老孟司―私の人生は「不要不急」なのか?根源的な問いを考える;福岡伸一―ウイルスは撲滅できない 共に動的平衡を生きよ ほか)
第2章 歴史と国家(ユヴァル・ノア・ハラリ―脅威に勝つのは独裁か民主主義か分岐点に立つ世界;ジャレド・ダイアモンド―コロナを克服する国家の条件とは?日本の対応とは? ほか)
第3章 社会を問う(ブレイディみかこ―真の危機はウイルスではなく「無知」と「恐れ」;斎藤環―非常事態で誰もが気づいた「会うことは暴力」 ほか)
第4章 暮らしと文化という希望(横尾忠則―作品は時代の証言者 この苦境を芸術的歓喜に;坂本龍一―パンデミックでも音楽は存在してきた 新しい方法で適応を ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kaz

35
あまりの濃い内容に2回読んでしまった。誰もが経験ない状況を前にしたとき、反応はさまざまなものとなるのは仕方ない。思考停止や攻撃的になる人を多く目にする機会が増える中でも、良識を失わない人がこれだけいるというのは世の中捨てたものではないな。「弱者に対応する姿勢で、その国がどんな国かがわかる」、「個人の暮らしを救うのは自助努力なとではなく、政治であるべき」などのコメントは、まさしく至言。そのために、税金を納めてるんだからな。正しく使わんかい。2021/01/10

翔亀

28
【コロナ49】22人が登場。類書に比べても、それぞれかなり短文で、結論だけが述べられる。だから説得力がないかというと、有名人ばかりなので、あの人がこう言っているのかという発見はある。■緊急事態宣言時に北極近くにいた故に世界一安全な場所という逆転現象を体験した角幡唯介や、集団的に生き残ることを目指す公衆衛生という技術は人間を個人として扱うのではなくて人口単位で扱うので心(=個別性)は取り残されると語る東畑開人(心理士)は、処方箋を出すことができない。それはそうだろう、正直でいいと思う。国際金融の伊藤隆敏が↓2020/08/30

Katsumasa Kishi

26
生物学、医療、歴史、政治、社会、文化など多分野の専門家達へのインタビュー集。様々な視点からの分析や問題提起がなされ、少し幅広に今、我々が置かれている状況を考察、分析出来るように思う。印象深かったのは、臨床心理士 東畑開人さんのコメント。複雑な人の心を理解するためには「遅い時間」が必要なのに、「不要不急」の名の下に、人を個人ではなく、人口単位で扱うことになってしまった結果、人と人とが支え合う、慰め合うことが出来なくなってしまった、と。難しいけれど、ほんの少しだけ、誰もが余裕をもてればよいのだが。2021/01/22

ケイトKATE

25
2020年は新型コロナウイルスの大流行の年としての歴史を刻むことになった。本書で掲載された国内外の知識人達の考察や提言を読んでいると、人間は常にウイルスに脅かされていること。現在の制度や経済、生活様式が通用しなくなったことと向き合わないといけないと思った。特に、ブレイディみかこ姉さんが指摘しているコロナ禍で前線に立っている医療従事者などのケア階級の人達が、社会において存在価値が非常に大きいことを私たちは理解すべきである。2020/11/22

まさひろ

24
石の割合が8割方の玉石混交。読むんじゃなかった…2020/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16293270

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。