朝日新書<br> 続・下流老人―一億総疲弊社会の到来

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり

朝日新書
続・下流老人―一億総疲弊社会の到来

  • 提携先に18冊在庫がございます(2017年11月22日 08時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736970
  • NDC分類 367.7
  • Cコード C0295

内容説明

もう、死ぬまで働くしかないのか?想像してみてほしい―「あなたが80歳のとき、本当に働けるだろうか?」忍び寄る「一億総老後崩壊」を告発した『下流老人』から一年半。世界一老後が過酷な国で、生きていくための「解決策」を示す。

目次

第1章 深刻化する下流老人
第2章 生きるために、働く老後―死ぬまですり減る、体と心
第3章 誰もが陥る「死ぬまで働く」という生き方―なぜ、高齢者は働かざるを得ないのか
第4章 日本の老後はカネ次第―不気味な顔をみせる格差社会
第5章 下流老人を救うカネはどこにある?―これから「財源」の話をしよう
第6章 一億総下流化を防ぐ解決策―持続可能な未来~子ども世代へ

著者紹介

藤田孝典[フジタタカノリ]
1982年生まれ。NPO法人ほっとプラス代表理事。聖学院大学人間福祉学部客員准教授。反貧困ネットワーク埼玉代表。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。ソーシャルワーカーとして現場で活動する一方、生活保護や生活困窮者支援のあり方に関する提言を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【文学/日本文学評論随筆その他】「年収400万でも将来、下流に 」──半年で20万部を突破し、流行語にもなった『下流老人』は、一般に金持ちと思われていた高齢者の貧困を 発見 した。続く本書では、ますます深刻化する現状を辿りつつ、自分が下流化しないための 解決策 を提示する。

藤田孝典[フジタタカノリ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件