朝日新書<br> ぼくが発達障害だからできたこと

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
ぼくが発達障害だからできたこと

  • ウェブストアに32冊在庫がございます。(2016年12月04日 15時37分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 262p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736680
  • NDC分類 910.268

内容説明

記憶力が悪く、いつも先生からにらまれていた多動児の僕が、なぜ世界的なベストセラーを書くことができたのか?いろいろなことがうまくいかないその理由が、自分のパーソナリティが傾いているからだとわかって、なあんだって気分になった。ならいっそ清々しい。違ってて当たり前。ナイーブすぎて、優しすぎて、そのためにすっかりこの世界に疲れてしまったあなたに、自信と勇気を与える一冊。

目次

第1章 「障害」と一緒にぼくは生きてきた(「三十年で一番手が掛かる子」;すべては「障害」だった;脆く儚い存在だった母 ほか)
第2章 「偏り」こそがぼくの個性(ぼくは「人間の原型」である;自分は猿なんじゃなかろうか?;近代都市社会に放り込まれたララムリ ほか)
第3章 ぼくが神話的な物語を綴る理由(アスペルガーの芸術家たち;「反復への執着」と「超自然志向」;「ディテールへの偏愛」と「倒置法」 ほか)
終章 この世界で生きづらさを感じる「避難民たち」へ

著者紹介

市川拓司[イチカワタクジ]
1962年東京生まれ。作家。2002年『Separation』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

何をやってもうまくいかなかったぼくが、なぜ世界でベストセラーになるような小説を書けたのか? 自らの傾いた個性を「障害」と認めたことで、すべてを前向きにとらえられた! 優し過ぎて、この社会と関わることに疲れてしまった貴方へ。《解説・星野仁彦》