朝日新書<br> 日本の居酒屋―その県民性

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
日本の居酒屋―その県民性

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月12日 19時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736604
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0295

内容説明

居酒屋には、その土地の風土、歴史、産物、文化のすべてがつまっている。たとえば、無口にながく飲む東北人、粋を気取る東京人、女も盛大に酒を飲む高知人、すぐ友達になるが翌日は忘れている博多人。居酒屋の第一人者・30年の集大成。

目次

北海道・東北(北海道―ビールと炉端焼;青森―四つの海の幸と郷土料理 ほか)
関東(茨城―おいしい魚があれども、商売ができない;栃木―山国には山国の居酒屋あり ほか)
中部(新潟―地酒王国の居酒屋はどうなっているか;富山―水よし、酒よし、魚よし ほか)
近畿(三重―お伊勢詣りの精進落し;滋賀―都の隣りの、おちついた風土 ほか)
中国・四国(鳥取―静かな町であればこそ;島根―遠い地に桃源郷あり ほか)
九州・沖縄(福岡―ラテン気質と九州濃度;佐賀―律義できちょうめん、が生んだもの ほか)

著者紹介

太田和彦[オオタカズヒコ]
1946年、北京生まれ。長野県出身。東京教育大学卒業後、資生堂宣伝制作室にデザイナー入社。広告デザイン関係の受賞多数。89年「アマゾンデザイン」設立。2000~07年、東北芸術工科大学教授。本業のかたわら居酒屋・旅などの執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

居酒屋評論の第一人者が、都道府県ごとに居酒屋の個性と魅力を分析し、酔眼をとおしてみた県民性、味覚、旅する理由を語る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件