朝日新書<br> 戦場記者―「危険地取材」サバイバル秘話

個数:
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
戦場記者―「危険地取材」サバイバル秘話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 03時16分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 267p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736444
  • NDC分類 070.16

内容説明

一瞬の判断ミスが命取りになる!危険地取材のリアリティーを第一線の記者が明かす!地球上には「戦争が日常」の国々がいくつもある。さまざまな対立がからみ合い、火を噴く紛争地にいかに入り込み、情報を発信するか!?数々の秘話でわかってくる、「世界の激震地図」!!

目次

1 危険地取材の日常(体を張る―爆弾テロで死なないために;越える―国境、検問所を、いかに突破するか?;移動する―紛争地に急行!緊迫の「点と線」;聞き出す―単独会見の攻防;通信する―現場から、どうやって記事を送るか?)
2 危険地取材はなぜ必要か(外務省とメディアの関係;「安全管理」能力を高めるには;フリーランスはメディアの「下請け」か;それでも「現場」にこだわる理由)

著者紹介

石合力[イシアイツトム]
1964年、大阪市生まれ。朝日新聞国際報道部長。88年入社。カイロ、ワシントン両特派員、政治部次長、国際報道部次長、GLOBE副編集長、中東アフリカ総局長などを歴任。フセイン政権下のイラクや「アラブの春」に揺れる中東、アフリカ各国を現地取材。2013年6月から現職。同志社大学一神教学際研究センター共同研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【社会科学/社会】爆弾テロ、過激デモ、クーデター……紛争地帯最前線の取材は常に死と隣り合わせだ。「催涙ガスにシャネル?bTで対抗する」など、危険回避のための意表をつくサバイバル術やスリル満点の秘話を、朝日新聞の「戦場記者」が明かす。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件