朝日新書<br> 戦国武将はなぜその「地名」をつけたのか?

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり

朝日新書
戦国武将はなぜその「地名」をつけたのか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年08月23日 00時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 276p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736437
  • NDC分類 291.034
  • Cコード C0295

内容説明

400年以上も前、武将たちはどんな思いを地名に託したのか―激動の戦国時代、武将たちは、自らの治める地を目の前にし、心機一転のために町の名前を変えた。戦国武将が命名した都市を実際に歩き、豊富な地図と写真を交えて、彼らの願いを再発見する。

目次

第1部 戦国武将が名づけた都市名(「岐阜」「安土」、すべては信長から始まった!;「今浜」を「長浜」に変えた豊臣秀吉;「会津若松」をつくった蒲生氏郷;「熊本」に変えた加藤清正;「福岡」をつくった黒田長政;「仙台」をつくった伊達政宗;「浜松」を命名した徳川家康;藤堂高通が命名した「久居」)
第2部 全国に広がる武将の夢(東北に広がる;関東・甲信に広がる;北陸に広がる;中国に広がる;四国に広がる;とっておきの地名)

著者紹介

谷川彰英[タニカワアキヒデ]
1945年長野県生まれ。東京教育大学教育学部卒業。同大学院博士課程修了。筑波大学教授、理事・副学長を経てノンフィクション作家に転身。文献を丹念に繙き、実際に現地を取材する手法に定評がある。現在、筑波大学名誉教授、日本地名研究所所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【文学/日本文学評論随筆その他】福岡、仙台、浜松など現代の都市名の多くが戦国武将によってつけられていたことは案外知られていない。そこには、繁栄や平和を夢見た彼らの願いが込められていた。全国をくまなく歩き、地名の由来によって解き明かされた男達のドラマ。