朝日新書<br> 小泉今日子はなぜいつも旬なのか

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
小泉今日子はなぜいつも旬なのか

  • 助川 幸逸郎【著】
  • 価格 ¥842(本体¥780)
  • 朝日新聞出版(2015/10発売)
  • 【ウェブストア限定】和書・和雑誌全点ポイント5倍キャンペーン(店舗受取サービスは対象外です)
  • ポイント 35pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年01月24日 01時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 255p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736383
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0236

内容説明

こだわらない、おごられない、マウンティングしない。「幅広く好かれる」いい女の条件、ここにあり。若い頃から50歳目前まで、様々な顔で活躍し続ける小泉今日子。どのようにして、年齢や時代に上手に寄り添ってきたのか?彼女が芸能界にデビューした80年代から現代までの「女の子」のありかたの変遷と、それらに対するキョンキョンのスタンスを描き出すことで探る。

目次

小泉今日子が“女の子”に支持された理由
小泉今日子とオリーブ少女と森ガール
もしも『なんてったってアイドル』を松田聖子が歌っていたら
バブル時代の小泉今日子は過剰に異常だったか
『あなたに会えてよかった』の「あなた」は誰か
「マウンティング」しないからアンチが少ない
小泉今日子にとっての「結婚」と「離婚」
小泉今日子はいかにして「36歳の危機」を乗り越えたか
美魔女はなぜ小泉今日子を目指さないのか?
小泉今日子はなぜ「負け犬」のイメージがないのか
「本当の自分」を探さない小泉今日子の強さ
「あまちゃん」のブレイクに小泉今日子が果たした役割とは
小泉今日子に学ぶ7カ条

著者紹介

助川幸逸郎[スケガワコウイチロウ]
1967年生まれ。日本文学研究者、著述家。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業、同大学大学院文学研究科博士課程修了。横浜市立大学、東海大学などで講師を務める。文学、映画、ファッション、アイドルなどのテーマを多様な切り口で交ぜ合わせ、授業や講演、執筆を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【社会科学/社会】若い頃から50歳目前まで、さまざまなジャンルで活躍し続ける小泉今日子。彼女は、世代の近いほかの女子たちとどこが違っているのか。芸能界にデビューした80年代から現代までの「女の子」のありかたの変遷と、それらに対するKYON2のスタンスを描き出すことで探る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件