朝日新書<br> ナショナリズムの現在―“ネトウヨ”化する日本と東アジアの未来

個数:
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
ナショナリズムの現在―“ネトウヨ”化する日本と東アジアの未来

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 09時16分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735942
  • NDC分類 311.3

内容説明

「ネトウヨ」ブームはなぜ起きたのか?若者や主婦を熱狂と憎悪に駆り立てる「愛国の空気」とは?日中・日韓をめぐる東アジア情勢が緊迫化するなか、「右」も「左」も思考停止しているいまの日本。「ネトウヨ」はどのように生まれ、どのように拡散しているのか?高揚する排外感情の背景を気鋭の論客たちが徹底討論!

目次

第1章 ナショナリズムの現在―“ネトウヨ”化する日本と東アジアの未来(今の「ネトウヨ」にはそもそも歴史観がない!?;左派陣営はネトウヨ的世論の背後にあるものを見過ごしている;『戦争論』から16年―小林よしのりは今の「ネトウヨ」をどう見ているのか? ほか)
第2章 「国家とはなにか」を問い直す(“存在論的”に国家を捉え直すために;大陸的な知のポテンシャルとは;戦争と軍事力の“存在論” ほか)
第3章 解釈改憲と「戦後」の終わり―『美しい国へ』と『日本改造計画』(「自分語り」の政治学;「ゴーストライター」は誰だったか?;挫折した「透明化」への改革 ほか)

著者紹介

萱野稔人[カヤノトシヒト]
1970年、愛知県生まれ。2003年パリ第十大学大学院哲学科博士課程修了。博士(哲学)。現在、津田塾大学学芸学部国際関係学科教授

小林よしのり[コバヤシヨシノリ]
昭和28年、福岡県生まれ。大学在学中に『週刊少年ジャンプ』(集英社)にてデビュー作『東大一直線』を連載開始、大ヒットとなる。昭和61年、『月刊コロコロコミック』(小学館)にて連載された『おぼっちゃまくん』はアニメ化もされ、第34回小学館慢画賞を受賞

朴順梨[パクスニ]
1972年、群馬県生まれ。元・在日韓国人三世。早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。情報誌編集を経てフリー編集者&ライターとなり、『AERA』等で執筆する

與那覇潤[ヨナハジュン]
1979年、神奈川県生まれ。東京大学教養学部超域文化科学科卒。同大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得満期退学、博士(学術)。現在、愛知県立大学日本文化学部准教授。専攻は日本近現代史

宇野常寛[ウノツネヒロ]
1978年、青森県生まれ。評論家。PLANETS編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【社会科学/社会】いま日本で、いびつなかたちで高揚しつつある「ナショナリズム」に対して私たちはいかに向き合っていけばいいのか──? ヘイトスピーチや集団的自衛権、憲法改正など山積みする問題をどうするか、気悦の論客たちが徹底討論!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件