朝日新書<br> 日本人も悩む日本語―ことばの誤用はなぜ生まれるのか?

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
日本人も悩む日本語―ことばの誤用はなぜ生まれるのか?

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 263p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735836
  • NDC分類 810.4

内容説明

「許せない日本語」は次から次へと現れる。本当の正しさはどこにあるのか?万物が流転するように、ことばも変化し続ける。間違った表現も多くの人が使えば、「正しいことば」になるのだろうか?本書では、歴史やことばの成立過程をもとに誤用にまつわる謎をすっきり解説。複雑な日本語の世界は、不合理で時に人間的、そしてかくも奥深かった!

目次

第1章 あなたはこの日本語、気になりますか?(変化した「憮然」に憮然として言う;ら抜きは間違い? ほか)
第2章 ことばの間違いをめぐる誤解(「正しい」と「望ましい」は違う;理想が規則にすり替えられる危険 ほか)
第3章 ことばは世界知識でつくられる(ことばの変化は社会に連動する;「下駄箱」はなぜ変化しないのか ほか)
第4章 日本語文法の虚像と実像(謙譲語でない「いただく」もある;漱石が使った肯定文での「全然」 ほか)
第5章 ことばの正誤の判断は自分の頭で下す(「振りまく」のは「愛想」か;恥をかくの「かく」の意味 ほか)

著者紹介

加藤重広[カトウシゲヒロ]
1964年青森県生まれ。東京大学文学部言語学科卒業、同大学院博士課程修了。文学博士。富山大学人文学部助教授などを経て、北海道大学大学院文学研究科言語文学専攻教授。著書に『日本語修飾構造の語用論的研究』(ひつじ書房、第22回新村出賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【語学/日本語】言葉は進化する。十数年前まで眉をひそめられていた言葉は、あっという間に辞書に載り、人々の定番の使用例となっていく。本書では、なぜこうした誤用が生まれ定着していくのか等、日本語をめぐる壮大な歴史を解き明かす。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件