• ポイントキャンペーン

朝日新書
ほろ酔い文学事典―作家が描いた酒の情景

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 267,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735522
  • NDC分類 910.26

内容説明

作家の酒との付き合い方は、各人各様。お風呂上がりに、ビールをただひたすら、ゴクゴクゴク。宿酔いの朝、コーヒーの代わりにシャンパンをグッと一杯。チキンライスやコロッケなど、洋食を肴に日本酒をちびりちびりと。琥珀色のシングル・モルトに、澄んだ水をほんの少し加えて。飛行機に乗ったら、ブラディマリーを注文。焼酎をショッチュウ飲んだり、「ノーメル賞」で表彰されたり…作家をめぐる酒の話は尽きない。いざ、美酒と文学の世界へ!

目次

第1章 ビール
第2章 ウイスキー
第3章 ワイン
第4章 スピリッツ(ハードリカー)
第5章 カクテルとリキユール
第6章 紹興酒
第7章 日本酒

著者紹介

重金敦之[シゲカネアツユキ]
1939年東京生まれ。慶應義塾大学卒。朝日新聞社入社。「週刊朝日」編集部在任中に松本清張、池波正太郎、渡辺淳一らを担当、多くのベストセラーを生み出した。退職後、大学教授を経て、文芸ジャーナリスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【文学/随筆】夏目漱石のビール、ヘミングウェイのフローズン・ダイキリ、開高健のロマネ・コンティ、村上春樹のシングルモルト、江國香織のグラッパ、川上弘美の居酒屋酒……。美酒に酔い、名文に酔う。作家が愛する酒の文学をひもとき、豊饒な世界を味わう好エッセイ。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件