朝日新書<br> 資産価値を守る!大災害に強い町、弱い町

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
資産価値を守る!大災害に強い町、弱い町

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 09時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 220p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735485
  • NDC分類 365.3

内容説明

東日本大震災以後、災害のリスクは高まり、住宅の資産価値の見極めは大きく変化した。さらに東京オリンピック決定で、不動産市場も急速に変化している。こうした今、どの町に、どのような家を買うべきなのか?臨海エリアの液状化を的中させた注目のコンサルタントが説く!

目次

第1章 「資産価値の高い安全な町」を歴史で読み解く(どうなる東京オリンピック(2020年)後の不動産マーケット
町の未来を「地政」と「安全」の歴史で読み解く
町の盛衰を「軍需産業」と「鉄道」の歴史で読み解く)
第2章 不動産に資産価値が生じる根拠とは何か(資産価値のある不動産の条件;マーケット分析と社会学)
第3章 不動産鑑定理論から資産価値を分析する(不動産鑑定理論の効用は絶大;不動産の価値は効用から生まれる;収益性から不動産の価格を推定する)
第4章 日本の不動産マーケットと市場特性(賃料相場と全国各地の特徴;東京圏;大阪圏;京都圏;名古屋圏;九州圏;東北・北海道圏(宮城県、福島県、北海道))
第5章 安心な財産形成・財務戦略術(一つの篭にすべての卵を盛るな;マイホームは二つ以上買おう;人生とサバイバル戦略)

著者紹介

山崎隆[ヤマザキタカシ]
1960年東京都生まれ。学習院大学経済学部卒。大手住宅メーカー、不動産コンサルティング会社、会計事務所を経て、1996年に不動産と相続のコンサルティング会社、財営コンサルティング株式会社を設立。現在、同社代表取締役。一級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【社会科学/経済】資産価値の高い町の判別は、震災、水害、地盤沈下などの自然災害リスクを回避することで発展した「軍需産業史」と「鉄道史」でできる! 臨海部の液状化を的中させた話題の不動産コンサルタントが、全国主要都市の安全・安心な住宅選びを解説。