朝日新書<br> 少年スポーツ ダメな大人が子供をつぶす!

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
少年スポーツ ダメな大人が子供をつぶす!

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月11日 23時24分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 209p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735232
  • NDC分類 780

内容説明

幼少のころから「勝ち組」に入ることを強いられる子供たちは、自ら決断することを恐れ、マシン化していく。なぜ日本のスポーツ界には不祥事が絶えないのか?「さわやかで健全なスポーツ少年」は幻想なのか?育成を忘れ、目先の結果を追求する少年スポーツの現場に警鐘を鳴らす。

目次

プロローグ なぜスポーツ指導者はすぐ殴るのか?
第1章 勝利至上主義とマシン化する子供たち(「勝利」のためなら全てを受け入れる;“独裁的支配者”が“救世主”になる理由;個性を殺し、安住を求める子供たち)
第2章 理不尽な指導者と愚かな親(親の身勝手が暴力指導者を支えている;世の不条理はスポーツで学べ?;勘違いの教育観を改めよ)
第3章 世にも奇妙な日本的スポーツ環境(限定された時間・空間の異常な論理;根性、無気力、集団の牽制;メディアがつくる“美しき”スポーツ物語)
第4章 スポーツ系部活動のかかえる闇(顧問という名の独裁者が生まれる背景;“教育”という都合よき大義名分;三年区切りの勝利至上主義がある限り…)

著者紹介

永井洋一[ナガイヨウイチ]
1955年、神奈川県生まれ。成城大学文芸学部マスコミュニケーション学科卒。スポーツジャーナリストとしてサッカー、教育、スポーツ医科学等の取材・執筆活動を行う。CS放送プレミアリーグ解説者。サッカーコーチとして幼児から社会人まであらゆる年代の指導経験を持つ。現在もNPO法人のサッカークラブ代表として指導の最前線に立つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【芸術/スポーツ】勝利至上主義が生む体罰、いじめ、そしてマシン化する子供達・・・。「健全な魂」も「フェアプレー」も幻想なのか? スポーツ界にはびこる病理を主に少年スポーツの現場から読み解く。そのスポーツ、子供のためになってますか?

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件