朝日新書<br> カネを積まれても使いたくない日本語

個数:
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
カネを積まれても使いたくない日本語

  • ウェブストアに23冊在庫がございます。(2016年12月04日 02時49分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 293p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735133
  • NDC分類 810.4

内容説明

過剰にへり下る、あいまいにぼかす、相手を異様に持ち上げる…。現代は、すぐ「偉そう」と非難され、仲間外れにされ、ネットで叩かれる。だから誰にでも気を使い、おもねり、断定しない。しかし、「気遣い」とオドオドと生きることは別だ。今こそ、断言すべきは断言する勇気と、的確に表現する豊富な語彙力を!

目次

第1章 大らかな許容の果てに(ら抜き)
第2章 過剰なへり下り(~させて頂く;ヘンな敬語 ほか)
第3章 断定回避の言葉(あいまいにぼかす;ピンポイントで言わない ほか)
第4章 ヘンな言葉(ヘンな問いかけ;ヘンなあいづち ほか)
第5章 誰が悪いのか(汗をかく;遺憾 ほか)

著者紹介

内館牧子[ウチダテマキコ]
脚本家。ノースアジア大学、武蔵野美術大学客員教授。元横綱審議委員。1948年、秋田県生まれ。武蔵野美術大学卒。OL生活を経て88年に作家デビュー。2006年東北大学大学院文学研究科宗教学修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

C0281【語学/日本語】「~でよろしかったですか」「~なカタチ」など、違和感のある日本語が巷に溢れている。いまや、キャスターや政治家、企業幹部も無意識で使うこれらの言葉について、内館牧子がその「おかしさ」を正しく喝破!美しい日本語を指南する。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件