朝日新書<br> 「やりがいのある仕事」という幻想

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
「やりがいのある仕事」という幻想

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735027
  • NDC分類 914.6

内容説明

人々は、仕事に人生の比重を置きすぎた。もっと自由に、もっと楽しく、もっと自分の思うように生きてみてもいいのではないだろうか。成功するとはどういうことか?良い人生とは?すり切れた心に刺さる画期的仕事論。人生を抜群に楽しむための“ちょっとした”アドバイス。

目次

第1章 仕事への大いなる勘違い(仕事の定義;「羨ましがられたい」という感情 ほか)
第2章 自分に合った仕事はどこにある?(働くことが一番簡単;好きなことが最良とは限らない ほか)
第3章 これからの仕事(客観的に世間を観察する;ほとんどの情報は正しくない ほか)
第4章 仕事の悩みや不安に答える(理想と現実のギャップ;すぐに仕事を辞めてしまう人 ほか)
第5章 人生と仕事の関係(取り上げられた生きがい;企業戦士の時代 ほか)

著者紹介

森博嗣[モリヒロシ]
1957年12月7日愛知県生まれ。作家。工学博士。某国立大学工学部助教授として勤務するかたわら、1996年に『すべてがFになる』(講談社ノベルス)で第1回メフィスト賞を受賞し、作家としてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【社会科学/社会】私たちはいつから、人生の中で仕事ばかりを重要視し、もがき苦しむようになったのか? 本書は、現在1日1時間労働の森博嗣がおくる画期的仕事論。自分の仕事に対して勢いを持てずにいる社会人はもちろん、大学生にもおすすめ。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件