朝日新書<br> やっぱりドルは強い

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
やっぱりドルは強い

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2016年12月07日 01時29分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735010
  • NDC分類 338.97

内容説明

米国が絡まない第三国間の取引でも、決済は必ず「ドル」を介して行われる。北朝鮮の金正日も、太平洋戦争直前の日本も、ドルの強大な権力にひれ伏してきた歴史がある。過去の事例を解説しながら、世界経済を水面下で操る「基軸通貨としてのドル」の全貌を明かす。

目次

第1章 世界を震え上がらせるドルの威力(すべての国際取引はドルが媒介する;北朝鮮・金正日総書記を苦しめた金融制裁;真珠湾攻撃も金融制裁が引き金だった)
第2章 基軸通貨の本質(クロスボーダー決済の仕組み;媒介通貨としての米ドルの役割)
第3章 米国の「金融権力」の内実(決済と取引情報の関係;スイスで進行中の「スケープゴート」劇;国際決済の仕組みとその問題点;決済リスクと中央銀行の役割)
第4章 基軸通貨国の特性(アメリカの経常収支赤字とファイナンス;IMFの「二枚舌」政策;基軸通貨国が持つ特権;アメリカでは通貨危機は起きない)
第5章 基軸通貨制度の現状と将来(米ドルはいかに強いか;ドルに対抗できる通貨はない;基軸通貨国の経営収支赤字は、本当に問題なのだろうか?)

著者紹介

中北徹[ナカキタトオル]
1951年生まれ。経済学者。一橋大学経済学部卒業後、外務省に入省。ケンブリッジ大学経済学大学院修了後、東洋大学経済学部教授。専門は国際経済学、金融論。日本銀行アドバイザー、官邸の諮問機関であるアジア・ゲートウェイ戦略会議で座長代理を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

 米国が絡まない第三国間の通貨取引も、必ず「ドル」を介して行われる。2005年に故金正日総書記が企図したマネーロンダリングは、この「ドル決済」で表沙汰になった。世界経済を水面下で操る「基軸通貨としてのドル」の全貌を明かす。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件