朝日新書<br> 穏やかな死に医療はいらない

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり

朝日新書
穏やかな死に医療はいらない

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 233p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022734891
  • NDC分類 490.4
  • Cコード C0247

内容説明

点滴、酸素吸入、胃ろう、抗がん剤…。あの治療は、本当に必要だったのだろうか?外科医を辞めた在宅緩和ケア医が語る幸せな死に方。

目次

プロローグ 僕が外科医をやめたわけ(治療をやめて自分らしく生きる;フルコースの延命治療 ほか)
第1章 上手に枯れて穏やかに死ぬ(「ゆっくり」「じんわり」穏やかに生き抜く;僕が後悔している延命治療―胃ろう ほか)
第2章 自宅はホーム、病院はアウェイ(病院医師が帰宅に反対する理由;自宅だからできる穏やかな死 ほか)
第3章 自分の最期は自分で作る(死を受け入れよう。でも余命診断は当たらない;最期のお別れはお早めに ほか)
第4章 これまでの死の光景、これからの死の光景(がん発覚;術前検査 ほか)

著者紹介

萬田緑平[マンダリョクヘイ]
1964年生まれ。群馬大学医学部卒業。群馬大学附属病院第一外科に所属し、外科医として手術、抗がん剤治療、胃ろう造設などを行うなかで終末ケアに関心を持つ。2008年、医師3人、看護師7人から成る「緩和ケア診療所・いっぽ」の医師となり、「自宅で最期まで幸せに生き抜くお手伝い」を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

 多くの人が望みながらかなえられない「ピンピンコロリ」。実は、無駄な延命医療をやめることで、人は眠るように穏やかに、人間らしく死ぬことができる。外科をやめて終末医療に生涯をかける医師が語る、穏やかに死ぬための生き方。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件