朝日新書<br> 消費税、常識のウソ

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
消費税、常識のウソ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月10日 06時26分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 215p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022734693
  • NDC分類 345.7

内容説明

景気が悪くなる、倒産が増える、サラリーマンに厳しい…。世間が思い込んでいる、消費税増税による悪影響が実はまったくの誤りであることを、世界の付加価値税を研究している税制の第一人者が解き明かす。消費税の問題点や、増税後の日本についても展望。日本財政の現状も含め、消費税のすべてがわかる。

目次

第1部 消費税にまつわる10の誤解(消費税はサラリーマンに厳しいのか;消費増税すると景気が悪くなるの?;消費税は外務表示の方がいい?;景気が良くなるまで消費税は上げなくていいの?;減税すれば景気や消費は上向くの?;食べ物などの消費税率は低い方がいいの?―軽減税率の問題点)
第2部 国が良くなる税の仕組み(消費増税で日本の財政・経済はどうなる?;求められる課税ベースの拡大と世代間不公平の是正;日本はどんな社会を目指すのか;世界の税制の潮流;理想の税制「ユナイテッド・タックス」)

著者紹介

森信茂樹[モリノブシゲキ]
1950年、広島県生まれ。法学博士(租税法)、中央大学法科大学院教授、東京財団上席研究員。(社)ジャパン・タックス・インスティチュート主宰、政府税制調査会専門家委員会特別委員、京都大学法学部卒業後、大蔵省(現・財務省)入省。英国駐在大蔵省参事、主税局総務課長、東京税関長、財務総合政策研究所長などを経て、2006年に財務省を退官。その間、東京大学、大阪大学、早稲田大学、プリンストン大学等で教べんを執る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

 消費増税したら「景気が悪くなる」「企業倒産が増える」など、世間が思い込んでいる消費税をめぐる常識が実は誤りであることを、世界の付加価値税を研究している税制の第一人者が解き明かす、目からウロコの消費税論。増税後の財政事情も展望。