朝日新書
震災と原発 国家の過ち―文学で読み解く「3・11」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022734365
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0236

内容説明

深い洞察力と透徹した文章で知られる元・朝日新聞編集委員が、大震災と原発事故に震える現地を何度も歩いた。そして知る―。著名な文学作品の数々が、この国の過ちを言い当てていたと。「汚染の拡大」「孤立」「内部被曝の危険性」をも告発していたと。

目次

第1章 復興には、ほど遠い―カミュ『ペスト』
第2章 「放射能に、色がついていたらなあ」―カフカ『城』
第3章 「帝国」はいま―島尾敏雄『出発は遂に訪れず』
第4章 東北とは何か―ハーバート・ノーマン『忘れられた思想家 安藤昌益のこと』
第5章 原発という無意識―エドガール・モラン『オルレアンのうわさ』
第6章 ヒロシマからの問い―井伏鱒二『黒い雨』
第7章 故郷喪失から、生活の再建へ―ジョン・スタインベック『怒りの葡萄』
終章 「救済」を待つのではなく―宮沢賢治『雨ニモマケズ』

著者等紹介

外岡秀俊[ソトオカヒデトシ]
ジャーナリスト。北海道大学公共政策大学院(HOPS)研究員。1953年、札幌市生まれ。朝日新聞社で学芸部、社会部、ニューヨーク特派員、編集委員などを経て2006年から2年間、東京本社編集局長を務めた。2011年、退社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hakodadi

3
同じ頃出た「3.11複合被災」と対をなす好著。震災のレポートに古今の文学作品が重なる。取り上げられた作品は、ペスト、城、出発は遂に訪れず、忘れられた思想家ー安藤昌益のこと、オルレアンのうわさ、黒い雨、怒りの葡萄、雨にも負けず。著者の読み込みの深さに圧倒される。すでに読んだ本も再読を迫られそう。2012/03/23

増渕勝也

1
感情論ばかりが飛び交う中、ルポから冷徹に震災と原発の在り方について考えている点で非常に優れている。著者は非常に教養人であり物事の核心を鋭く突いている。ここで挙げたらきりがないほどに深い内容であるので、購入しても損はない。3.11後に生きるならば一度は読んでおきたい名著である。2014/01/24

休止中

1
さすが、元朝日新聞社の東京本社編集局長だけあります。とてもわかりやすい文章で、核心をついていると思いました。著名な文学作品の数々が、この国の「過ち」を言い当てていたとのですね。 この本で引用されている作品は、ぜひ読みたいです。 それにしても、当時の政府や、担当大臣の対応には、疑問が残ります。 2012/11/29

DEN2RO

1
震災と原発事故が日本社会にもたらした不条理は過去の文学作品に描き出されていました。被災三県の現状と政府の対応を「ペスト」や「城」、「黒い雨」や「怒りの葡萄」などと照らし合わせて述べています。被災者が絶望の中から希望を見つけて立ち上がれるような国の施策を望みます。2012/03/17

Humbaba

1
東日本大震災と,それによって発生してしまった原発事故.これほどの災禍がかつて日本を襲ったことはなかったとすら言える.しかし,文学の世界においては,これと類似する世界が描かれていることがある.我々は,物語にしかなかったはずの災害を受けたということでもある.2012/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4616856

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。