朝日新書<br> 「死にざま」こそ人生―「ありがとう」と言って逝くための10のヒント

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
「死にざま」こそ人生―「ありがとう」と言って逝くための10のヒント

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022734112
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0295

内容説明

―人はやがて総決算の時を迎える。そのとき「ありがとう」って言えたら、間違いなくその人生は幸せだろう。日本ホスピス界の草分けが、見送った多くの人の最期の姿から、「美しい死」を獲得するために人はどんな葛藤を経なければならないのかを教える。

目次

その1 人生の総決算
その2 3つの和解
その3 理解的態度
その4 最期の希望
その5 子どもに死を知らせる
その6 死は門
その7 緩和ケアとユーモア
その8 ペットの力
その9 最後の跳躍
その10 悲嘆の理解
対談 山崎章郎×柏木哲夫―「幸せな最期」が迎えられる医療とは

著者紹介

柏木哲夫[カシワギテツオ]
1939年兵庫県生まれ。金城学院学院長・大学学長、大阪大学名誉教授、淀川キリスト教病院名誉ホスピス長。大阪大学医学部卒業。同大精神神経科で心身医学の臨床と研究、ワシントン大学で精神医学を研修。淀川キリスト教病院に精神神経科を開設、73年日本最初のホスピスプログラムをスタート。84年同病院にホスピス開設。大阪大学人間科学部教授を経て現職。朝日社会福祉賞、保健文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)