朝日新書<br> 消える大学 生き残る大学

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり

朝日新書
消える大学 生き残る大学

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 229p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733900
  • NDC分類 377.21
  • Cコード C0237

内容説明

法人化2期目で、一層の競争原理にさらされる国立大学、生き残り戦略に必死の公立大学、大学生の4分の3を占める私大生の厳しい就職環境、くるくる変わる国の大学行政―。問題点を鋭く追及し、受験生、保護者、高校・大学関係者、企業採用担当者が、どう対処すべきかを説く。大学情報の公開義務化を受け、経営実態を見抜く六つの指標も紹介する。

目次

第1章 短絡的な競争原理にさらされる国立大学
第2章 存在価値が問われる公立大学
第3章 生き残りをかける私立大学
第4章 6年制で分かれた医・歯・薬学部の明暗
第5章 淘汰時代が始まった法科大学院
第6章 大学と企業の断絶―就活の悲喜劇

著者紹介

木村誠[キムラマコト]
1944年、神奈川県茅ヶ崎市生まれ。教育問題研究科。早稲田大学政治経済学部新聞学科卒業後、学習研究社に入社、『高校コース』編集部や大学受験指導センターなどを経て、『大学進学ジャーナル』編集長を長く務めた。現在も全国の大学関係者を取材し、最新の情報をもとに『学研進学情報』などで旺盛な執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)