朝日新書<br> 世界で勝てるデジタル家電―メイドインジャパンとiPad、どこが違う?

電子版価格 ¥779
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
世界で勝てるデジタル家電―メイドインジャパンとiPad、どこが違う?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733597
  • NDC分類 545.88
  • Cコード C0260

内容説明

iPadが日本で生まれなかったのには理由がある。世界のモノづくりのルールが変わったのだ。従来のメイドインジャパンのやり方では戦えない。超・量産と「修理するより新品交換」のモノづくりのルールが、いま世界を席巻している。これこそアップル勝利の方程式。メイドインジャパンも「ルールを変える」ことが復活のカギだ。東芝、パナソニックなど、成功例に学べ。

目次

はじめに―なぜ日本からiPadが登場しなかったのか?
第1章 iPadは何が「すごい」のか
第2章 アップルがしかける「超」量産の時代
第3章 「プラットフォーム」で家電は変わる
第4章 日本は「オーバークオリティー」なのか
第5章 本当に勝つなら「ルール」を変えろ

著者等紹介

西田宗千佳[ニシダムネチカ]
1971年福井県生まれのフリージャーナリスト。得意ジャンルは、デジタル家電・パソコン・ネットワーク関連などの「電気かデータが流れるもの全般」。主要新聞、週刊誌、ビジネス誌などへ寄稿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あつもり

2
アップルの本質的なビジネスの源泉は「優れたハードを大量に売ること」という意外にも伝統的な製造業が目指す「大量生産による固定費の希薄化」そのものである、という指摘が面白いです(「大量」の桁が違いますが)。ネットサービス、高度なOS、アップルストア、優れた操作性等はすべて、この「超・大量販売」を実現するための手段。また、ハードの訴求ポイントを測定可能なスペック(通信速度や画質等)にではなく、「操作の気持ちよさ」に置いているという指摘は、三品先生の「リ・インベンション」での指摘に通じるものがあると思いました。2020/07/04

読書部 ちゅよし

1
★★★☆☆さらっと概要がつかめます。安いものをいかに高そうにして売るか。読みやすいと思います。2011/02/18

wakabon

1
丹念な取材と記述に好感が持てる良書。例を提示する時に出典が示されていればなお良かったかも。論旨については細かな部分に異論が無くもないが、概ね当たっているでしょう。逆転の発想で、ガラパゴス的技術がグローバルな市場でメリットを打ち出せれば面白いのにね・・・。2011/01/03

かんだみょーじん

0
売却済み2010/10/22

まめタンク

0
2013年150冊目。出版されたのが2010年なので製品情報に関しては、殆ど陳腐化している。iPhone4といった今から考えると、懐かしい端末が登場する。本書の魅力はそこではない。最新のデータが必要であれば最新のデータを紐解けばいい。何が魅力的なのか?と言えば、アップルが展開するビジネスモデルについて、触れられる部分だ。一般的に言うと、iPhoneやiPadを売るアメリカ企業という認識だが、そのビジネスモデルは天才的と言える。2013/10/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/660601

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。