• ポイントキャンペーン

朝日新書
新しい風土記へ―鶴見俊輔座談

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 214p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733467
  • NDC分類 914.6

内容説明

日本はどこに行こうとしているのか。歴史をどうとらえるか。勝ちっぷりでなく「負けっぷり」をどう評価するのか―。姜尚中、中村哲、徳永進、アーサー・ビナード、上野千鶴子、四方田犬彦、中島岳志、孫歌、池澤夏樹の9氏とともに、歴史について、戦争について、言葉の力・表現について、自らの依るところについて、縦横無尽に語り合う。贅沢な思索のひとときを。

目次

1 課題をつらぬく視座(姜尚中―核と戦後民主主義;中山哲―国家を超えて生きる流儀;徳永進―生き死にを学びほぐす;アーサー・ビナード―心に届かない言葉;上野千鶴子―老いを生きる覚悟;四方田犬彦―枠にとらわれない視点)
2 アジアのなかの日本(中島岳志―パール判決書が、今に投げかけるもの;孫歌―中国文学者・竹内好の持つ広がり)
3 聞きたかったこと、話したかったこと(池澤夏樹―思想をつらぬくもの)

著者紹介

鶴見俊輔[ツルミシュンスケ]
1922年東京生まれ。15歳で渡米、ハーバード大学で哲学を学ぶ。アナキスト容疑で逮捕されるが、留置場で論文を書き上げ、42年卒業。同年日米交換船で帰国。46年、雑誌『思想の科学』創刊の中核を担い、べ平連などの社会運動にも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)