• ポイントキャンペーン

朝日新書
松本清張を推理する

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 234p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732699
  • NDC分類 910.268

内容説明

動機重視の革新性、卓抜なタイトル、導入部の巧妙さ―。松本清張文学は、そんなふうに高く評価される。―しかし、それだけではない。世代を超えて読み継がれる数々の名作には、まだまだ多くの「謎」が詰まっている!熱烈なファンを自認する筆者が実作者の視点で、文豪の小説作法の秘密を推理する。

目次

第1章 デビュー作のすべて―『或る「小倉日記」伝』について
第2章 覗き見志向から―『張込み』の原点
第3章 温故知新の第一作―『点と線』あれこれ
第4章 短編連作集への道―『無宿人別帳』の光と影
第5章 動機の重要性―『ゼロの焦点』のポイント
第6章 多彩で名作ぞろい―『黒い画集』の分析
第7章 知的な蛮勇―『日本の黒い霧』雑感
第8章 小説と映画のちがい―新聞小説としての『砂の器』
第9章 糸でつないで―『絢爛たる流離』の意図
第10章 邪馬台国はどこだ―知識が深い『陸行水行』
第11章 新しいアイデアを求めて―『隠花の飾り』はなぜ三十枚か

著者紹介

阿刀田高[アトウダタカシ]
1935年東京都生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒。国立国会図書館勤務のかたわら執筆活動を続け、78年『冷蔵庫より愛をこめて』でデビュー。79年、短編集『ナポレオン狂』で直木賞受賞。受賞歴はほかに日本推理作家協会賞、吉川英治文学賞など。2007年、日本ペンクラブ会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

実作者同士だからわかる清張小説創作の秘密。『点と線』『砂の器』『或る「小倉日記」伝』『張込み』・・・。あのトリック、名タイトル、珠玉の書き出しはどう生まれたのか?
松本清張を敬愛してやまない著者が、実作者の視点で巨匠の創作の秘密に迫る文学エッセイ。数々の名作のアイデアは、どこから生まれたのか? 「完全犯罪の90%理論」など、はからずも著者の小説作法も明らかになる。「松本清張生誕100年」記念企画。