• ポイントキャンペーン

朝日新書
すし屋の常識・非常識

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732620
  • NDC分類 673.9

内容説明

すしというのは不思議な食べ物だ。どこの店もすしだねは30種類ほどしかなく、多くは醤油で食する。祝儀・不祝儀、老若男女、上戸・下戸の別を問わない。この日本人のソウルフードが、今や「SUSHI」として世界を席巻している。すしを食べるとき、知っておくと楽しい「ちょっとおいしい話」。

目次

第1章 すし屋がたどって来た道(「なんでもあり」の時代;始まりは「屋台」 ほか)
第2章 すしだねの四季(すしの華 マグロの栄光と悲惨;初ガツオへの愛着 ほか)
第3章 すし屋のプライドとお客のわがまま(日本人の根強い「刺身信仰」;すし屋に箸置きは必要か ほか)
第4章 すし屋は何処へ行く(回転ずしからSUSHIの時代へ;腹持ちするヘルシーなフィンガーフード ほか)

著者紹介

重金敦之[シゲカネアツユキ]
1939年東京生まれ。慶応義塾大学卒。朝日新聞社入社。「週刊朝日」在任中に松本清張、池波正太郎、渡辺淳一らを担当した。大学教授を経て、文芸ジャーナリスト。食の分野にも造詣が深く、料理人たちからの信頼も厚い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)