朝日新書<br> 芥川賞を取らなかった名作たち

電子版価格 ¥550
  • 電書あり

朝日新書
芥川賞を取らなかった名作たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 244,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732583
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0295

内容説明

第一回芥川賞選評で、「生活の乱れ」を指摘された太宰治。受賞の連絡を受け、到着した会場で落選を知らされた吉村昭。実名モデル小説を「興味本位で不純」と評された萩原葉子…。「私小説を生きる作家」として良質な文学を世に問い続ける著者が、芥川賞を逃した名作について、その魅力を解き明かす。

目次

太宰治「逆行」
北條民雄「いのちの初夜」
木山捷平「河骨」と小山清「をぢさんの話」
洲之内徹「棗の木の下」
小沼丹「村のエトランジェ」
山川方夫「海岸公園」
吉村昭「透明標本」
萩原葉子「天上の花―三好達治抄―」
森内俊雄「幼き者は驢馬に乗って」
島田雅彦「優しいサヨクのための嬉遊曲」
干刈あがた「ウホッホ探検隊」

著者等紹介

佐伯一麦[サエキカズミ]
1959年宮城県生まれ。仙台一高卒。上京し、週刊誌記者などを経て電気工として働きながら執筆活動を続け、84年『木を接ぐ』で海燕新人文学賞受賞。『ショート・サーキット』(野間文芸新人賞)、『ア・ルース・ボーイ』(三島由紀夫賞)、『遠き山に日は落ちて』(木山捷平文学賞)、『鉄塔家族』(大佛次郎賞)、『ノルゲ』(野間文芸賞)ほか著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

137
佐伯さんが仙台文学館で連続講義を行ったものをまとめたようです。いまの芥川賞を云々…ということではなく、芥川賞の候補になっていたが、受賞できなかった作品にもいいものがありますので、読んでください、というような感じなのでしょう。ここには11の作品が紹介されていて、私も数編を読んだことがありますが、ほとんどは知らないものばかりでした。特に洲之内徹さんや小沼丹さんの作品は読んでみたと思います。2016/02/20

佐島楓

58
ここに取り上げられている作品を冊子化していただきたいと強く思った。それだけ文学史的に意味がある作品が多いのに、入手困難なものが多く欲求不満になってしまう。この髪の本の絶版の問題はどうにかならないものか(電子書籍は基本的に目につらいのだ)といつも思う。2017/12/08

メタボン

24
☆☆☆ 佐伯一麦の読みは鋭い。島田雅彦はデビュー当初は夢中になって読んだが、ある作品を境に鼻につくようになり、御無沙汰している。紹介されている作家で気になるのは、北條民雄、山川方夫。森内俊雄は何冊か積読本となっているので、そのうち読んでみたい。平成以降で佐伯氏が推す芥川賞候補作はないことから、近年の芥川賞の不作ぶりがうかがわれる。ただあれほど嫌悪感を抱いた田中慎弥に対して、読後相当期間を経てザワザワとしたひっかかりを覚えはじめたのは、むしろ力のある作家だったのかと思い直している。違う作品を読んでみよう。2013/11/27

23
太宰治や吉村昭など、タイトル通り『芥川賞を取らなかった名作たち』を12編著者が選び、その作品をあらすじや当時の芥川賞選考委員たちの選評、著者の講評やその作品の巧みなところなどを解説している。当たり前のことだけど、人によって選評というのは大きく変わってしまうことを実感した。ほぼほぼ受賞が決まっていても、たった一人の一票によって受賞を逃してしまったり、それ以外に良い作品がなくても、これは小説ではないと一蹴されてしまったり…。これを読んで、賞を受賞してないからといって、名作ではないとするのは違うのだなと思った。2020/11/25

とも

19
これは、芥川賞がなぜこれを入れない!ぷんぷん!という賞批判の本じゃなくて、取らなかったけれどこういう隠れたいい本がありますよーという、本を教えてくれる本。大変面白く読みました、佐伯一麦の好み前提ではあるけれど。この中で干刈あがた・山川方夫は私も同感、いい作家だったね。あと、小沼丹も優れた文章を書くので未読のこれを読みたい。でも何といってもそそられたのが、吉村昭の透明標本かな。少女架刑と同列ならば読まねば。あと森内俊雄も。知らない作品をつぶしたい!と思わせる『良い作品は良い』精神を感じました、そこここに。2009/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/526643

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。