• ポイントキャンペーン

朝日新書
中南米が日本を追い抜く日―三菱商事駐在員の目

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732170
  • NDC分類 302.55

内容説明

動乱期をくぐり抜け、高度成長の波に乗り、「2万%」のハイパーインフレも克服。「世界の台所」の座をうかがう。BRICsの「B」、VISTAの「A」。世界中の投資家が熱視線を注ぐ中南米が、日本経済を追い抜く日も近い…!?商社マンたちが見た、いま最も熱い大陸の最前線。

目次

第1章 世界の食料庫―ブラジル、チリ、アルゼンチン、パナマ
第2章 資源・エネルギーの宝庫―チリ、ブラジル、アルゼンチン
第3章 石油とナショナリズム―ベネズエラ、キューバ
第4章 新自由主義の実験場―チリ
第5章 先住民のうねり―ボリビア
第6章 テロとの戦い―コロンビア、ペルー
第7章 知られざる先端産業―ブラジル

著者紹介

石田博士[イシダヒロシ]
1970年、岡山県出身。筑波大学社会学類卒。大学在学中の92年、日本ブラジル交流協会の1年間の研修制度に参加し、サンパウロ近郊の市役所や邦字紙「日伯毎日新聞」(現ニッケイ新聞)などで研修する。94年朝日新聞社入社。横浜支局、東京本社社会部をへて2005年9月からサンパウロ支局長。ペルー日本大使公邸占拠事件やサッカー・ワールドカップ日韓大会、アテネ五輪、フジモリ元ペルー大統領の送還問題などを取材してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)