• ポイントキャンペーン

朝日新書
ゴッホは殺されたのか―伝説の情報操作

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 239p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731944
  • NDC分類 723.359

内容説明

「さまよえる画家」、「炎の人」、ゴッホ。さまざまな伝説をもつ彼に浮上した、新たな姿とは?彼を支えてきた弟テオとの関係や女性問題を、唯一純正な資料『ゴッホの手紙』を基に、斬新な角度から読み解く。そこから浮かび上がるどんでん返しの結末とは…。この一冊で、従来のゴッホ伝説が根底から覆る。

目次

プロローグ 聖ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの伝説
読む前に見る読みながら見るゴッホ年表
第1章 事件―一八九〇年七月二七日
第2章 事件前三七年―画商の道断たれ 牧師の道遠く
第3章 事件前一〇年―描く男捨てる女
第4章 事件前五年―パリ 兄と弟の諍いそして印象派
第5章 事件前二年―アルルの希望と裏切り
第6章 事件前七〇日―オーヴェール=シュル=オワーズの謎
第7章 事件の検証―ゴッホ伝説の情報操作
エピローグ 美術史は推理小説だ

著者紹介

小林利延[コバヤシトシノブ]
1935年宇都宮市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。早稲田大学大学院文学研究科芸術学専攻博士課程修了。鹿沼市立川上澄生美術館を立ち上げ、11年間館長として勤務。現在、文星芸術大学美術学部芸術理論領域教授、同大学院芸術研究科教授。美術評論家連盟国際会員。創業以来120年続く暦問屋(株)玉清堂の5代目(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)