• ポイントキャンペーン

朝日新書
酔眼のまち―ゴールデン街1968‐98年

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 202p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731791
  • NDC分類 778.21

内容説明

映画キャメラマン、たむらまさき―。1968年の新宿騒乱から、バブルの狂乱を経て、20世紀の黄昏まで、新宿ゴールデン街を見つづけた。映画監督、青山真治―。たむらの眼に映ったこの街の群像を夜ごと文字に記録。キャメラマンが見た映画人外伝。

目次

ロール1 エイガ事始(青森の子ども時代;上京;岩波映画へ)
ロール2 三里塚とゴールデン街のあいだ(「青の会」と新宿のはじまり;はじめてのゴールデン街;ゴールデン街=ハローワーク;新宿騒乱;「三里塚」を撮る)
ロール3 フィクションとドキュメンタリーのあいだ(劇映画への挑戦;『竜馬暗殺』の頃;牧野村との往復;セカンドステージのはじまり)
ロール4 八〇年代の熟成と崩壊(「ジュテ」の川喜多和子さん;「時流に乗る」監督たちと;一方、山形ではl『火まつり』で出会った三人;事故のてんまつ;バブル崩壊、そして沈黙)
ロール5 シネマトグラファー・たむらまさき(小川紳介の不在;活動再開と「写るんです」;ゴールデン街の変容;新しい人々との出会い;ゴールデン街の、映画の「いま」)
最終ロール 「唯尼庵」のこと

著者紹介

たむらまさき[タムラマサキ]
映画キャメラマン。1939年、青森県生まれ。岩波映画製作所を経て、「日本解放戦線 三里塚」でキャメラマンデビュー

青山真治[アオヤマシンジ]
映画監督、小説家。1964年、福岡県生まれ。「Helpless」で劇映画監督に。「EUREKA」でカンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。同作品のノベライズで三島由紀夫賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)