• ポイントキャンペーン

朝日新書
バカにならない読書術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 245p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731722
  • NDC分類 019

内容説明

読書とは、脳を使った、運動だ!バカにならないためには、読書で、脳を揺さぶれ!養老読書術の神髄がここに登場。後半は、博覧強記の三粋人が、初めて、自らの愛読書と書の接し方を、明かした。この本で、あなたの読書術が、ひっくり返る。

目次

第1部 「養老流」本の読み方(「読み聞かせ」と子どもの脳;「読書脳」の仕組み;「唯我独尊」としての読書;「バカの壁」越える読書)
第2部 鼎談 バカにならないための本選び(米国がわかる本;価値観変える本;科学を楽しむ本;ミステリーと言えば;鴎外vs.漱石;勝手にノーベル文学賞;旅行記を手に…;京都でマンガ三昧;伝記は女が書く;太宰と安吾;居酒屋で哲学を;「時代小説」万歳;意外な詩人は…;唸る写真集…)

著者紹介

養老孟司[ヨウロウタケシ]
1937年生まれ。東大名誉教授。専門は解剖学

池田清彦[イケダキヨヒコ]
1947年生まれ。早稲田大教授。専門は生物学

吉岡忍[ヨシオカシノブ]
1948年生まれ。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

専門が解剖学の養老さん、生物学や進化論が得意の池田さん、そしてノンフィクション作家の吉岡さん。それぞれ独自の読書論をもつ3人が、「本の森に逃げ込め」をテーマに自らの愛読書を縦横無尽に論じた。「米国がわかる本」「ミステリーと言えば」「唸る写真集」などなど、14のテーマについて、126点を取り上げた。前半では、養老さんが、独自の読書論を縦横無尽に展開している。いままでにない、画期的読書術。この本で、あなたの本の読み方が変わる。