朝日新書<br> 近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731180
  • NDC分類 230.04

内容説明

二〇〇六年秋に急逝した歴史家が遺した研究と思索にもとづく、日本人に向けてのメッセージ。専門の西洋中世史の研究を超えて、日本史、日本現代社会論にいたるまで、幅広い分野で健筆をふるってきた著者による、文字通り「最後の」書き下ろし。自らの五十年に及ぶ研究をもとに、古今東西を縦横に論じる。

目次

第1章 西欧社会の特性
第2章 日本の「世間」
第3章 歴史意識の東西
終章 ヨーロッパと日本

著者紹介

阿部謹也[アベキンヤ]
1935年生まれ。一橋大学大学院博士課程修了。一橋大学学長、国立大学協会会長などを歴任。西洋中世社会史研究の第一人者として活躍し、「世間」をキーワードにした日本社会論でも話題を集めた。2006年9月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)