朝日新書<br> 愛国の作法

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
愛国の作法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731012
  • NDC分類 304

内容説明

ほんとうに国を愛するとはどういうことか。その先にあるのは希望か絶望か。「改革」で政府によって打ち捨てられた「負け組」の人々ほど、「愛国」に癒やしを求めるのはなぜか。日本と韓国、ふたつの「祖国」のはざまから鋭い問題提起を続けている注目の政治学者が、「愛国心」という怪物と真正面から格闘する。

目次

第1章 なぜいま「愛国」なのか(なぜいま「愛国」なのか;「愛する」とはどんなことか)
第2章 国家とは何か(国家と権力;国家と国民;国家と憲法;国家と国家)
第3章 日本という「国格」(「自然」と「作為」;「国体」の近代;戦後の「この国のかたち」;「不満足の愛国心」)
第4章 愛国の作法(何が問題か;「愛郷」と「愛国」;「国民の〈善性〉」と「愛国」;「愛国」の努力)
むすびにかえて―「愛国」の彼方に

著者紹介

姜尚中[カンサンジュン]
政治学者。1950年、熊本市生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。国際基督教大学準教授などを経て、98年から東京大学社会情報研究所(現・大学院情報学環)教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

国には、愛し方がある。
日本の国民は歴史に、憲法に、どう向き合うべきか。声高な愛国論に抗する新しい国の愛し方とは。

北朝鮮のミサイル実験と中国の軍事的台頭。靖国参拝と歴史認識をめぐり膠着する日中・日韓関係。風雲急を告げる東アジアで、日本の立ち位置が試されている。今後焦点となる改憲、歴史の見直しとどう向き合うか。愛国心を押しつけることで、何が損なわれるのか。本当の愛国とは。思考停止は許されない。いま最も注目の政治学者が、悩める国民に贈る、この国の正しい愛し方。