朝日新書<br> 地方銀行消滅

個数:
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
地方銀行消滅

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022730961
  • NDC分類 338.61

内容説明

銀行名が消え、組織も行員も消える―再編の奔流を、いかに乗り切るか?全国6ブロックの新勢力図を発表!地銀、第二地銀の計105、大手信金をあわせて140ほどの金融機関が5年後には20~30に再編・統合されてしまう。人口減少がもたらした「金融戦国時代」に生き残るのは、どこか!?その理由は!?元・敏腕バンカーが大胆に予想する。

目次

プロローグ―「地銀戦国時代」が始まった
第1章 本格的に動き出した再編―当局の衝撃発言
第2章 なぜ再編に向かうのか―再編に突き進む四つの要因
第3章 再編予想の五つのポイント
第4章 再編予想PART1 東日本編
第5章 再編予想PART2 西日本編
エピローグ―どんな地方銀行が生き残れるか

著者紹介

津田倫男[ツダミチオ]
1957年、島根県生まれ。(株)フレイムワーク・マネジメント代表。一橋大学、スタンフォード大学ビジネススクール卒業(MBA取得)。都市銀行、外資系銀行などに22年間勤務後に独立して現職。M&A、新規事業開発、海外進出など企業へのアドバイザー業務を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【社会科学/経営】全国の地方銀行が人口減少による経営先細りに苦しみ、一斉に統合・再編に走り始めている。10年後には計105行が28のグループに姿を変えるだろう。「生き残る」地銀は!?  元敏腕バンカーの著者が大胆に予測する。地域別「列島再編チャート」付き。

津田倫男[ツダミチオ]