朝日選書<br> これが人間か―アウシュヴィッツは終わらない

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

朝日選書
これが人間か―アウシュヴィッツは終わらない

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 08時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 314p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022630650
  • NDC分類 976
  • Cコード C0311

出版社内容情報

第2次大戦時の強制収容所から生還した著者が、その体験を人間の極限状態として克明に、静かに描き出す。35言語に翻訳され、世界中で読み継がれてきた古典的名著『アウシュヴィッツは終わらない』を原題とし、増補、完全版としておくる。

内容説明

レーヴィがナチスのユダヤ人強制収容所から救出されたのは1945年1月27日。自宅に帰り着くとすぐに、彼は記憶を頼りに、本書の執筆にとりかかった。飢えと寒さ、不潔な寝床、病い、そして死にゆく人々…。過酷な強制収容所での生活が非常に緻密に、きめ細かく記されている。ものを考えることが死につながるほどの極限状態にあって、人間の魂がいかに破壊されていくのか。体験を書くという行為は、アウシュヴィッツで全面的に否定された自己の人間性を回復する作業でもあったのかもしれない。生還以来、その体験を証言してきたレーヴィの集大成的ともいえる古典的名著『アウシュヴィッツは終わらない』の改訂完全版。

目次


地獄の底で
通過儀礼
カー・ベー
私たちの夜
労働
良い一日
善悪の此岸
溺れるものと救われるもの
化学の試験〔ほか〕

著者等紹介

レーヴィ,プリーモ[レーヴィ,プリーモ] [Levi,Primo]
1919年トリーノに生まれる。44年2月アウシュヴィッツ強制収容所に抑留。45年1月ソ連軍に解放され、同年10月イタリア帰還。戦後は化学者として働きつつ自らの体験をまとめ、イタリア現代文学を代表する作家の一人となる。87年自死

竹山博英[タケヤマヒロヒデ]
1948年東京に生まれる。東京外国語大学大学院ロマンス系言語専攻科修了。現在立命館大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

takaichiro

106
ラテン系古典の扉を開けたら何故かイタリア系ユダヤ人のアウシュビッツ体験談にあたった。フランクルの『夜と霧』とはまた違う哲学的なタッチ。アウシュビッツと言えば悲惨さが強調される風潮だが、本書は人間社会を善悪の二分論で語るのは難しいと説く。人間は善も悪も備えており、どんな人生を歩むかは個々に意思を確認し、或いは無意識に流される様に時を過ごす^_^無限大に夢を膨らませても、目の前にある事を乗り越え、ふと生きていると実感する時、それが幸福感なのかも^_^でもね戦争は避けたい!人が他人の尊厳を奪っては絶対にイカン!2019/12/21

音姫

48
感想なんて書かない方がいいのかもしれない。レビューで読むべきか決める本ではない。誰もが読むべき1冊。人は他人を恐怖に陥れることをここまで何も思わないのか。一方、作者は極限状態でも人間の魂を忘れずラーゲルから生き残り、この経験に悲しみを感じずに人間について多く学んだと言う。番号174517作者の収容所での名前だ。→ 2021/07/05

テツ

35
イタリアに住んでいたユダヤ人青年によるアウシュビッツの手記。戦争は人を殺すから、自分や自分の愛する相手が死んでしまうから悪なのではなく、その香りが醸し出す狂気に慣れてしまうと敵と見做した相手にはどんなことをしても良心が咎めなくなるから悪なのだ。罪悪感と覚悟を持つことなく敵に対して行われる生命と尊厳の剥奪。自らの思考を積み重ねることなく行われる蛮行。そして蛮行を振るわれる側も少しずつそれに慣れて狂っていく。左右のイデオロギーには全く興味がないノンポリだけれど、こうした人間性の損失が平気で行われる戦争は嫌だ。2018/10/05

Nobuko Hashimoto

28
輪読ゼミで改訂版を再読。二回目なので衝撃は減ったが、別のところで発見などあり。読んできた学生たちもそれぞれ深く受け止めて、言葉を絞り出して、過去を知ることを今に結びつけて考えようとしてくれていた。アウシュヴィッツの体験ものは他にもあるが、そのなかでも良いと思う。特に若い人たちに向けた質疑応答の部分は強くおすすめ。2018/12/20

キクチカ いいわけなんぞ、ござんせん

25
イタリアのユダヤ人青年のアウシュビッツで体験した手記。そこで起こった事、出会った人を解放後に直ちに本にした。様々な事情ですぐ出版されなかったが、のちに世界中で出版される。「自分のパンを食べよ、そしてできたら、隣人のパンも」という収容所の法。殴られても死なないが、疲労は死ぬ。疲労で死んでいく人たち。あらゆる予想希望疑問を持ってはいけない暮らし。それでも「今日は風がないから幸運だ」と運が良い事を探す。不潔で飢えが常に一緒の生活。イタリア語しかできないで、ナチスに捕らえられるとどれ程困難か。2018/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12330421

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。