朝日文庫<br> サザエさんからいじわるばあさんへ―女・子どもの生活史

個数:

朝日文庫
サザエさんからいじわるばあさんへ―女・子どもの生活史

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022618689
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0195

内容説明

「理想の家族」と言われるサザエさん一家だが、実情は「妻側の実の親と同居する家族の形」であり、「伝統的男系家族を破壊した」漫画だったのだ!長谷川町子作品を読み説きながら、今後の家族や暮らしを考えるうえでのヒントが詰まった、新しい生活評論。

目次

はじめに ササエさんと私
サザエさんのふるさと
「サザエさん」の誕生 親友と同僚の語る長谷川町子
サザエさんの章 人気の秘密
カツオくんの章 「新しい男」の誕生
犬たちと猫たちと
サザエさんの夫と両親 マスオさん現象
いじわるばあさんの章 老いについて

著者等紹介

樋口恵子[ヒグチケイコ]
1932年東京都生まれ。評論家。東京家政大学名誉教授。東京大学文学部卒業。フリーの評論家として女性問題、福祉、教育の分野で評論活動を行う。86年から2003年まで東京家政大学教授を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【文学/日本文学評論随筆その他】「昭和の家族の代表」磯野家は実は革新的な家族だった!? 新聞連載当初の「サザエさん」から愛読していた著者が、戦後日本の生活や女性のあり方がどのように変化したかをひもとく。長谷川町子さんのカバーイラスト&挿絵も多数収録。解説・酒井順子。

樋口恵子[ヒグチケイコ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件