朝日文庫<br> 常紋トンネル―北辺に斃れたタコ労働者の碑

朝日文庫
常紋トンネル―北辺に斃れたタコ労働者の碑

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 322p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784022606327
  • NDC分類 366.8
  • Cコード C0121

内容説明

網走・旭川間の鉄道トンネル付近から50体以上の人骨が発掘された―。北海道開拓に使役された囚人労働の実態を調査していた著者が、囚人に代わって拘禁労働の主力となっていた「タコ」と呼ばれる土工夫たちの行跡を追った記録。鉄道・道路・港湾・灌漑溝工事などに酷使され、斃れていったタコ労働者。社会の底辺で沈黙を強いられてきた人々の呻き声が聞こえてくる。

目次

タコ労働と北海道開発(幽霊が出るトンネル;人間の生き埋め;困難をきわめた工事;大資本の北海道・樺太進出 ほか)
タコ労働の実態(監獄の方がまだいい;逃亡とリンチ;「募集」という名の誘拐;タコ部屋廃止の動き;「朝鮮人狩り」と脱出ルート ほか)
タコ労働の歴史掘りおこし(50年めの遺書;あるタコの半生;タコ部屋があればまた行く;歴史を掘る ほか)