朝日文庫<br> 底のぬけた柄杓 - 憂愁の俳人たち

朝日文庫
底のぬけた柄杓 - 憂愁の俳人たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 226p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022601988
  • NDC分類 911.36
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カツェ

0
杉田久女、富田木歩、岡本松浜、渡辺つゆ、尾崎放哉、高橋鏡太郎、安藤赤舟・林蟲、岡崎えん、石島雉子郎、村上鬼城。吉屋信子が惹かれる俳人の人生はことごとくドラマがすぎる。俳人ってボクサーみたいだと思ってみたり。特に、冒頭の杉田久女がここまで自己顕示欲の強い人だとは。尾崎放哉が薄味に思えるくらい、他の俳人たちの生涯も濃い。客観に徹するのではない、吉屋信子の俳人たちへの寄り添う塩梅もとてもいい。2012/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/331698

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。