朝日選書
歴史物語 朝鮮半島

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 277,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022599063
  • NDC分類 221
  • Cコード C0322

内容説明

3つの建国神話から、古朝鮮の形成、新羅の国土統一、高麗王朝の中央集権的支配、モンゴル帝国の南進、豊臣秀吉の侵略、中国冊封下で爛熟する両班(ヤンバン)支配、開国のウェスタン・インパクト、日韓併合と抵抗まで。周辺の動乱に巻き込まれながらも、ハングルなど独自の文化を保持してきた国。ユーラシア大陸の東端に突き出たこの地に、いかにして歴史が編まれたのか。2000年におよぶ歴史をひもとき、王朝交替のドラマや支配制度の理念、それがやがてはらむ矛盾を見る。地続きに接する中国の影響と圧力をどのように受け止め、海を隔てた日本とはどんな交流と争いがあったのか。半島の朝鮮と島国日本、アジアの二国の違いも見えてくる。

目次

序章 半島的風土
第1章 朝鮮半島の古代
第2章 三国時代―高句麗・百済・新羅
第3章 統一新羅
第4章 高麗時代
第5章 朝鮮時代前期
第6章 朝鮮時代後期
第7章 朝鮮の近代

著者等紹介

姜在彦[カンジェオン]
1926年、韓国済州島生まれ。文学博士(京都大学、1981年)。大阪市立大学講師、花園大学教授を歴任。朝鮮近代史・思想史家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

瓜月

4
高麗建国あたりで一度挫折。10年近くたち再読。王朝列伝と党派抗争の部分はどうにも読むのが辛くて。在日史家による本書を読了し、半島の歴史において儒教の影響が強いことを改めて認識。中世から近世において、日本で政権を掌握したのはは武家であったが、朝鮮において政治を動かしたのは儒学者であった。それぞれの社会の歴史が近現代史に影響を与えていることを考える。知らなかったこともあった。19世紀末のソウルなど都市民衆による改革運動。その立憲的要求を大韓皇帝権力は強権で圧し潰し、結果として、日本の侵略と植民地への道を辿る。2020/12/19

みなみ

4
大陸から干渉を受けやすい半島という地理的条件が日本とは全然違うなあ。歴史書を複数疎開させたら、秀吉の朝鮮出兵の際、ひとつだけ焼けずに残ったというエピソードが印象的。それだけ歴史を大事にする国ということなんだろう。科挙は理想的なんだけど、中国も大変なことになっていたよね…2017/07/25

くりまんじゅう

2
朝鮮の歴史を殆ど知らなかった、という事が分かった。日本とこの国にはいつも色んな問題が起こるが、その解決の糸口を探るために相手の国を知らなければならない。ここに書かれている事が少しでも、日本人に広く理解して欲しい。日本史において、戦後の米国占領以外に他国の支配を受けなかった大きな理由は、島国だから。朝鮮の苦難の歴史と対比すると納得出来る。2019/06/05

あっはいそうですね

2
歴史問題を語るときに、傍目から見てもまた自覚的にも韓国のことを全く知らないことが気になり、この本を手にとって見た そしてそのことは間違ってなかったと確信した 初心者向けの本だがこの本を読み切ることで朝鮮半島の見方が変わる 朝鮮の悲劇はなにはともあれその地理的位置による 大国中国に近すぎて、欧米人からは遠い 結果大陸のビッグパワーに常に脅かされ続けたし 市民勢力が育まれなかったため近代に至っても儒教勢力が優勢でハングル教育をはじめ近代化が進まなかった2018/10/31

2
神話の時代から大韓帝国の終焉までの通史を教科書的に記述(二次大戦以降は記述なし)。唐の力を利用して三国時代を統一させた新羅、モンゴルに40年間抵抗した高麗、明清間の王朝交代による派閥争いで荒れる李氏朝鮮など大陸の動乱を直接被る半島の歴史。李氏朝鮮後期、儒教の学派に分かれての政争が過熱しすぎて混迷を深めていく。西洋に対しては攘夷を唱えて西洋の学問を一切排除し、明治維新の日本や洋務運動の中国に遅れを取り、気づけば大国の間で振り回される身に、そんな歴史。2011/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/522342

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。