プロ野球ヒストリー大事典

個数:
電子版価格
¥1,799
  • 電書あり

プロ野球ヒストリー大事典

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年05月27日 05時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784022517531
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0076

出版社内容情報

1950年の2リーグ制発足からコロナ禍まで──日本プロ野球の70年にも及ぶ歴史をまとめた大事典! 年代別、チーム別、キーワード別にまとめ、オール世代・マニア・にわかファンも楽しめる新たなプロ野球史観を提案します。

内容説明

膨大な写真とイラストで明解!90年のプロ野球正史・秘史・俗史を網羅!!スクールボーイ沢村栄治からリアル二刀流大谷翔平まで球史を超俯瞰!

目次

巻頭特集 2020年代新型コロナウイルスとプロ野球
1 現在からさかのぼる日本プロ野球史(2010年代―東日本大震災とプロ野球;2000年代―激震、球界再編騒動! ほか)
2 キーワード別日本プロ野球史(日本人メジャーリーガー史;侍ジャパン史 ほか)
3 球団別ヒストリー(読売ジャイアンツ略史;阪神タイガース略史 ほか)
4 表と裏の「殿堂」(野球殿堂博物館に行ってみた;ヤクルトのお宝ユニフォーム ほか)

著者等紹介

長谷川晶一[ハセガワショウイチ]
1970年5月13日生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務を経て2003年にノンフィクションライターに。05年よりプロ野球12球団すべてのファンクラブに入会し続ける、世界でただひとりの「12球団ファンクラブ評論家」。著書多数

佐野文二郎[サノブンジロウ]
1965年生まれ。「野球太郎」表紙立体イラスト、『週刊ポスト』にて高田文夫氏のコラム「笑刊ポスト」イラスト連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinkin

91
日本プロ野球の歴史事典。内容はプロ野球チームに関する歴史や名選手、珍事、球場の紹介、キーワード別にトリビアなどが収められている。ただ本の編集があまりよくないと感じた。それはレイアウトや色使いなどがどうも読みにくい。このあたりをもうすこし整然としたら良かったと思う。そして球団史の場合見開き2ページずつでは情報量が足らないと思う。一球団でもっと有名な選手や、魅力あふれるユニークな選手もいたはずだ。☆☆☆ 図書館本 2022/03/08

ma-bo

57
10年毎に区切ったプロ野球の歴史。球団毎の略史。いろんなキーワードからなる〇〇史。情報満載の一冊。2021/10/28

Carlos

44
内容的には広く浅くだけどプロ野球の歴史を再確認。子どもの頃は父親がいつも巨人戦見ていたなぁ。2023/04/08

yyrn

25
プロ野球の盛隆と自分が歩んできた人生がところどころでシンクロするので懐かしく、楽しく読むことができた。でも、時代を興奮させた(この本でも取り上げられている数々のエピソードに彩られた)プロ野球の歴史もウチの息子たちには全く響かない。みんなが教室や職場で話題にしていた大衆のスポーツだったものが、一部のファンのスポーツに格下げされたようで寂しいが、それでも大谷翔平選手のようなスターが現れればまた盛り上がるし、24勝0敗の伝説を作った田中将大投手がイーグルスにカムバックしてくれたのが私にはとっても嬉しいw。2022/01/02

hideto

12
前作「詰むや、詰まざるや」が、超硬派な野球ノンフィクションとするならば、今作はバリバリのネタ本。この振り幅の広さはさすが!プロ野球の歴史を現代から黎明期まで遡るのに続き、真骨頂はキーワードで紐解く○○史。名言史に続くのは迷言史であったり、黄金時代史に続くのは暗黒時代史であったり。プロ野球の光と影が垣間見えます。そして各チームの略史。どのコーナーも情報満載で読み応え十分でした。おかげさまで、無駄な(でも楽しい)プロ野球知識がまた増えました(笑)2021/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18486693
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。