「横審の魔女」と呼ばれて

電子版価格
¥1,799
  • 電書あり

「横審の魔女」と呼ばれて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 374p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784022507273
  • NDC分類 788.1
  • Cコード C0075

出版社内容情報

女性初の横綱審議委員として、角界にもの申し続けてきた内館牧子さんが、10年間の任期を終え、朝青龍への苦言、大麻事件での相撲界の体質、貴乃花の秘話など、まだまだ言い足りなかったこと、これまで言えなかったこと、相撲界の内緒話を一気に打ち明ける! 週刊朝日連載で随時掲載した人気コラム「横審リポート」も10年分を一挙再録!

内容説明

横綱審議委員会は、「魔女」のおかげで、こんなに怖い存在になっていった―。本書をまとめて読むと、ほとんど常軌を逸した相撲への愛情と迫力が伝わってくる。

目次

「横審の魔女」と呼ばれて(横審は当初、親方や力士に舐められてたと思う;貴乃花は敬虔な相撲道者だった;なんか絶望的な気持になってくる…;朝青龍に感傷的になる必要はない;今の横審は怖いです)
横審の十年間(怠惰な稽古総見;横審委員の仕事とは;師匠と力士;貴乃花の現状;恵まれている力士たち ほか)

著者等紹介

内館牧子[ウチダテマキコ]
脚本家。1948年、秋田市生まれ。武蔵野美術大学卒業後、三菱重工業に入社。13年半のOL生活を経て、1988年に脚本家デビュー。2000年9月から(財)日本相撲協会横綱審議委員会審議委員をつとめ、2010年1月に退任。2006年には、東北大学大学院文学研究科で、論文「大相撲の宗教学的考察―土俵という聖域」で修士号を取得。2006年より、秋田経済法科大学(現・ノースアジア大学)客員教授。2008年より、武蔵野美術大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鉄之助

124
3横綱、1大関不在の2018年、九州場所。大相撲の危機的状況に違いない。今だからこそ、女性初の横綱審議委員に選ばれた内館さんのこの本を読む意味があった。任期中の10年間「週刊朝日」に掲載された「横審レポート」を纏めたものだが、この間、八百長、リンチ暴行事件、朝青龍騒動・引退など不祥事のオンパレード。その時、横審がどんな協議をしたかがこと細かく公表されている。今までベールに包まれていたモノを公開した、彼女の功績は大きい。いま再び「魔女」が、必要になってきていると、痛感した。2018/11/22

おかむら

28
「思い起こせばなんだか怒ってばかりの十年間だった」。2001年内館さんが女性初の横綱審議委員会に任命されてからの10年間を振り返るインタビューと週刊朝日連載の横審レポート10年分。なんとなくなあなあなムードもあった横審の中で一人気を吐く相撲愛の熱さがハンパない内館さんと朝青龍(と高砂親方)の毎回のバトルが超楽しい!そしてこれだけバチバチの間柄なのに最後に内館さんをハグした朝青龍の人たらしっぷりも見もの! 2023/09/20

シュラフ

25
今まで読んだ相撲本の中でいちばん分かりやすく納得感のある一冊。大相撲ファンではあるものの部外者であった内館さんがある日突然に横綱審議委員になるよう要請された。その後の十年間の内館さんの孤軍奮闘はまだ記憶に新しい。内館の目線はあくまで一般人と同じ高さ。相撲を愛するわれわれの声を横綱審議会で代弁してくれていたのだ。例えば、土俵にあがることを主張する女性政治家に対しても、伝統行事等における女人禁制は現代社会における男女差別とは別次元のもの、とピシャリ断固反対。朝青龍問題など大変な時期によく大相撲を守ってくれた。2016/08/29

むつこ

23
内館さんの相撲愛があふれています。10年ひと昔と言うけれど、つくづく貴乃花、朝青龍時代が過去で「そんなこともあったなぁ~」とぼやけた騒動の印象になっていた。それにしても「横審」の立場って、影響力がありそうでない存在だったのが残念。日本人みんなが好きな取り組みをする力士たちを作り上げるのは至難の業だろうが、きっとどこかにいるはず。相撲人気と視聴率、満員御礼の復活がみたい。2015/12/22

さゆ

20
相撲は好きではない。だからよく知らない。でも「おもしろかったよ」って薦められてこの本を読んだ。解ったことは「道」とつくもの、武士道、剣道、茶道、華道、香道等々、日本人って、本当に「型」を大事にするんだよね。だから相撲道も型が大事なんでしょう。その型を守れない朝青竜を内館さんは許せなかったんでしょう。「公益法人であること」「国技であること」。この二つがポイントなんでしょう。私個人としては相撲はどうでもいいのですが。2010/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/441123
  • ご注意事項