現代人のための「チベット死者の書」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 444p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022502889
  • NDC分類 180.9

内容説明

『チベット死者の書』への最良の入門。生と死へのガイドブック。

目次

第1部 旅の準備(背景知識;チベット人の死の科学;チベットの死の技術;『自然に解脱する書』について)
第2部 『自然に解脱する書』について(バルドの祈り;バルドへのガイドブック)
第3部 補助的な教え(ダルマの修行、本能からの自然な解脱の教え;裸のヴィジョンを通して知性を見極めて自然に解脱する教え)

著者紹介

サーマン,ロバート・A.F.[サーマン,ロバートA.F.][Thurman,Robert A.F.]
コロンビア大学教授(チベット仏教学)。1941年NY生まれ。ハーバード大学大学院で哲学を学んだのち、1964年にインドに渡り、ダライラマの側近、ゲシェ・ワンギャルの紹介によりゲールク派で修行、欧米人で初めて得度を受ける。帰国後は、大学での研究に復帰、1972年にインド哲学の博士号取得。チベット語文献の英訳、チベット仏教に関する著書多数。また、自らの半生とチベット仏教をつづった『Inner Revolution』は1998年にベストセラーとなった。氏の活動は学界にとどまらず、チベットの窮状とその文化の維持を広くうったえるために、1987年に俳優のリチャード・ギア(チベット仏教の信者)と共にNYに「チベット・ハウス」を設立し、講演や展覧会など、活発に活動を展開している

鷲尾翠[ワシオミドリ]
翻訳家、シカゴ大学大学院修士(M.A.)課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)