人間と動物・愛のシリーズ
大五郎は天使のはねをつけた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 126p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784010694527
  • NDC分類 K916
  • Cコード C8393

著者等紹介

大谷淳子[オオタニジュンコ]
1937年、広島市に生まれる。1945年、小学校2年のとき、広島市内で被爆。1957年上京。大谷英之氏と結婚。写真家として公害問題や職業病を追求している英之氏の活動に接して公害のおそろしさを知る。現在、「先天性四肢障害児父母の会」の活動にも参加している

大谷英之[オオタニヒデユキ]
日本写真家協会々員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

手も足もさずけられずに生まれた子ザルの大五郎。いく日も生きられないと告げられた大五郎。しかし、大谷家の家族の愛に支えられて、二年あまりの命を精いっぱい生きたのだった。