人間と動物・愛のシリーズ
大五郎は天使のはねをつけた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 126p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784010694527
  • NDC分類 K916
  • Cコード C8393

出版社内容情報

手も足もさずけられずに生まれた子ザルの大五郎。いく日も生きられないと告げられた大五郎。しかし、大谷家の家族の愛に支えられて、二年あまりの命を精いっぱい生きたのだった。

著者等紹介

大谷淳子[オオタニジュンコ]
1937年、広島市に生まれる。1945年、小学校2年のとき、広島市内で被爆。1957年上京。大谷英之氏と結婚。写真家として公害問題や職業病を追求している英之氏の活動に接して公害のおそろしさを知る。現在、「先天性四肢障害児父母の会」の活動にも参加している

大谷英之[オオタニヒデユキ]
日本写真家協会々員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

二条ママ

3
長女小2。図書館本。独り読み。2019/02/02

みとん

2
旦那さんが大分出身で、猿だから高崎山かと思ったら、淡路島出身のおさるさんらしい。生まれつき足は根本から、手も肘から先がない奇形の猿大五郎は、仮死状態で見つかった。「いくらも生きれない」と断言されたが、公害を写真におさめる旦那さんが引き取り、奥さんが育てることに。三姉妹に末弟として加わり、懸命に生きる大五郎の成長を記録した育児日記。タイトルからわかるように、残念ながら亡くなってしまったが、輝くような2年間が記されている。大五郎が亡くなったときの作者の姿を娘さんを通して見て、職員室で涙ぐんでしまったー。2014/12/09

Yuri*ko

0
小学生の頃、この本が大好きだった。大五郎の生命力と著者の愛情に感動した。 30年近く経っての再読は「実の娘さん達が可哀想」に尽きる。長女の「母にとって私たち娘以上の存在だったのだ」との記述に胸が痛くなる。 「先天性四肢障害児父母の会」に参加する事は素晴らしいが、まず娘さん達を愛してあげてほしい。幼少期の愛情不足による心の傷は、なかなか癒えるものではない。 大五郎を通して、公害の恐ろしさを学べたことは娘さん達にとって良い経験となったと感じる。 あの頃の純粋な気持ちで再読できなかったことに、寂しさを感じた。 2021/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/402722

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。