旺文社創作児童文学<br> おれがあいつであいつがおれで

  • ポイントキャンペーン

旺文社創作児童文学
おれがあいつであいつがおれで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784010694053
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

達ちゃん

43
「おうちの人と一緒に本を読みましょう」という子供の宿題で読みました。単なる入れ替わりの話かなと思って読んだら、ちょっとエッチだけど何とも奥が深いな~と感じました。2017/11/05

刹那

27
小6の推薦図書✩長男6年がどこまで知っているのか、いや、理解しているのか分かりませんが、ちょうどいいぐらいのドキドキ感や、男女の違いなんかが勉強が出来そうなので、読ましてみたいと思います(・∀・)ノ♪ わたしが読んでも面白かった!わたしが生まれる一年前の作品。2016/10/11

puu

16
子供が図書館から借りてきたのだが懐かしくて一気読み。何十年ぶりかな…。 古今東西に男女入れ替わりの物語は溢れていてなんども読んだり見たりしたがこれはやはり金字塔だな。子供にも感想聴いてみたいような怖いような…。2017/12/20

スー

7
小学生時代以来の再読。やはり傑作ですね。小学生のときは「図書室にある唯一のエッチな本」みたいな感覚で、借りるのにも勇気が必要だった記憶がありますが、今読み返してみると一夫と一美の成長物語なんですね。大林宣彦の後書きや長谷川集平の挿絵も秀逸。2016/01/04

かよこ

7
息子が面白いと言うので、うん十年ぶりの再読。出版1980年なんだねー。生まれてないわ。やたら読みやすくて、やっぱり名作だなーと改めて思った。べらんめえ口調とかスカートめくりとかリーゼントとか、時代は感じるけど、発想の凄さと文章の上手さは、時代を超えて素晴らしい(^^)2014/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/310963

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。