旺文社創作児童文学<br> はるかなる黄金帝国

旺文社創作児童文学
はるかなる黄金帝国

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784010694039
  • NDC分類 K913

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なゆ

7
インカ帝国のお話が読みたいと思って探していて見つけました。児童書だけど読みごたえもあるし残酷。作者さんは70年代にアルゼンチンにある大学へ留学されていたとのこと。続編もあるようだけど…読みたいけど、結末がわかっているだけに読むのも躊躇してしまいます…どうしよう。2015/04/21

眠りスナメリ

3
小学校1~2年のころ読了。 ずっと本が大好きだったけど歴史物はそれほど読む気になれなくて。でもタイトルに惹かれて図書館で借りてきた。そうしたら今までと違う心の琴線に触れまくりでえらいことおもしろくて。ドキドキハラハラしながら一気に読んだ。 そしてすっかり大人になってこの本のことを思い出し探しだすまで、舞台はエジプトだと思い込んでいた。インカですよインカ帝国。しかし歴史物は今もあまり得意ではない。

履庵

3
インカ帝国展に行って記憶の底から甦った本。子供の頃、妹が買ってもらって、私の方が興味を持って何度も読み返した本。もう一度読みたくて、ちょうど会場隣が図書館なので借りてきて何年ぶりかの再読。本の世界と、インカ帝国展の展示物が融合し、リアルに本の世界を体験した気分。2013/10/13

Amati

2
小学校の学級文庫で出会ってはや20余年?どうしても読みたくて古書を探しました。 当時は難しく感じていたこともあったけれど、今あらためてよく読むと、児童書とは思えないくらい風俗描写が細かくてストーリー以外は空想の話ではないことに驚かされた。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1645465

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。