岩波現代文庫<br> 良寛の四季

個数:

岩波現代文庫
良寛の四季

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月21日 15時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 207,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784006031671
  • NDC分類 188.82
  • Cコード C0123

内容説明

生誕二五〇年、幾多の知識人が論究するだけではなく無数の庶民に愛され続けてきた良寛さん。その実生活と人物像に秘められた謎とは何か。最新の研究はいかに旧来の良寛像を覆しているのか。四季折々に越後を訪ね、良寛ゆかりの人々から丹念に取材しつつ執筆した歴史ルポルタージュ。

目次

春の章 越後の里へ―良寛の跡を歩く(謎の人;越後の春風 ほか)
夏の章 母と父、そして出奔―その謎に迫る(謎解きの旅へ;相馬御風の人間的解釈 ほか)
秋の章 書と詩歌と―五合庵での創造(再び流浪の旅;故郷恋し ほか)
冬の章 良寛の思想―三人の師、そして貞心尼(青春時代の師、大森子陽;民衆と生きた宗竜禅師 ほか)

著者等紹介

荒井魏[アライタカシ]
1945年東京都生まれ。早稲田大学卒業後、1969年毎日新聞社に記者職として入社。同社東京本社学芸部編集委員などを経て、環太平洋大学教授。日本余暇学会理事。良寛の研究で2003年、早稲田大学より人間科学博士号を授与される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。