岩波現代文庫<br> 寺内貫太郎一家―向田邦子シナリオ集〈5〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波現代文庫
寺内貫太郎一家―向田邦子シナリオ集〈5〉

  • 向田 邦子【著】
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • 岩波書店(2009/08発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 22pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月08日 12時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 623p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784006021481
  • NDC分類 912.7
  • Cコード C0195

内容説明

「バッカヤロ!」―石屋の三代目・寺内貫太郎のどなり声が今日も響く。気が短く親にも子にも容赦はないが、情厚く涙もろい男でもある。自分の不注意で一生のケガを負わせた娘静江の幸せを何より願うも、ある日娘が連れてきたのは子連れの三十男。貫太郎の怒り炸裂!その顛末は?しっかり者の妻里子、調子のいい浪人生である息子周平、嫌がらせが生きがいの母きん、けなげなお手伝いのミヨ子など、さまざまな人物が繰り広げる笑いと涙の人気ドラマ。

著者等紹介

向田邦子[ムコウダクニコ]
1929‐81年。東京生まれ。実践女子専門学校卒業後、映画雑誌記者を経て、脚本家として活躍。初エッセイ集『父の詫び状』で、作家としても人々を魅了。80年直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

5
おもしろすぎる! 伝説のドラマ『寺内貫太郎一家』を、結局は断片の印象でしか知らなかったことを思い知らされた。例えば、『寺貫』と言えば、卓袱台を挟んだケンカシーンやばあちゃんの「ジュリー!」絶叫シーンなどに代表される、どこかコントのような、バラエティのようなドラマというイメージがあって、それはひとえに久世光彦の演出のたまものであると思い込んでいたけれど、なんのなんの、そのギャグやナンセンスな展開は、すべて向田邦子のシナリオにあったのだという事実。それでいて、人情ものとしての泣かせのセリフもバッチリとある。2010/01/05

ツキノ

4
DVDでドラマを観つつ、時間をかけて読む。実際の演技と読み比べしてみたりしておもしろかった。39話すべてが載っていないのがおしい!しかし息子はなににしても「オレいやだよ!」といい、娘は親の思惑通りにはいかない恋愛をし…家族にはいろんな事件がある。それにしてもきんばあさんが秀逸!ドラマはまだ全部観おわっていないので、つづきがたのしみ。2012/01/01

1
昭和の父親強権一家ってこんなだったのか、と驚くことのほうが多い家族のさま。妻が殴られ息子が食ってかかり、年寄りが食卓を汚し、娘の結婚は簡単に許さない。乱暴な言い方をすればこうもなってしまうのに、寺内貫太郎一家はそんな一面の一方でとても温かいのだ。家族でない者が絡んでくることでそれが更に浮き彫りになるところがうまい。家族形態が大きく変容したいま、民俗学のサンプルを見るように感心してしまいながらも、所々感動して涙が滲んでくる。こんな家もちょっといいな、と。2012/12/20

柏原亜衣

0
久しぶりに号泣した。 こんな人情のあるお話しに出会えてよかったと 心から感動しました。 向田さんは素晴らしい。 登場人物みんな好きです。 美代子さんが歌う歌も大好き。2021/12/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/440731

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。