岩波ジュニア新書<br> 悲しみを生きる力に―被害者遺族からあなたへ

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

岩波ジュニア新書
悲しみを生きる力に―被害者遺族からあなたへ

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2021年12月02日 19時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 227p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784005007325
  • NDC分類 K916
  • Cコード C0236

出版社内容情報

2000年12月,一家4人が殺害された「世田谷事件」.突然,妹一家を失った著者は,絶望のどん底に突き落とされる.周囲の偏見,心ない報道,愛する家族を助けられなかった自責の思い…….深い悲しみに向き合うなかで,どのように生きる意味をつかんだのか.つらく,悲しい思いを抱えるあなたへ送る希望のメッセージ.

内容説明

2000年12月、一家4人が殺害された「世田谷事件」。突然、妹一家を失った著者は、絶望のどん底に突き落とされる。周囲の偏見、心ない報道、愛する家族を助けられなかった自責の思い…。深い悲しみに向き合うなかで、どのように生きる意味をつかんだのか。つらく、悲しい思いを抱えるあなたへ送る希望のメッセージ。

目次

第1章 奪われた命
第2章 事件のあとに―遺族の悲しみと苦しみ
第3章 悲しみからの回復―「私の物語」を求めて
第4章 悲しみの共感へ―夫、息子、母それぞれの思い
第5章 再びの悲しみ―事件から一〇年目に
第6章 喪失が与えてくれるもの
第7章 答えのない問いに向き合う

著者等紹介

入江杏[イリエアン]
国際基督教大学卒業。イギリスの大学で教鞭を執るなど、10年近い海外生活の後、帰国。2000年12月31日未明、殺人事件によって、妹一家四人を失う(「世田谷事件」)。その後、犯罪被害からの回復、自助とグリーフケアに取り組みながら、学校などで絵本創作と読み聞かせ活動に従事している。最近では自殺、難病と様々な現場の問題に取り組み、当事者の声を社会につなげようとフィールドの領域を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

豆ぽち

23
「自分だけがこんなに悲しい目に遭っている」と思い続けていると、「緑にがきれいだな」とか「風が気持ちいいな」とか、本来の自分が感じるべき「今」を感じられなくなってしまいます。日常の中にちょっとした楽しみを求めていくことが大切なのです。心の底からは楽しめないかもしれませんが、日常を取り戻す努力をすることに意味があるのです。それは、悲しみに蓋をしたり、悲しみから目をそらすことではありません。悲しみに向き合うためにも、自然な感情を取り戻すことが大切なのです。/存在しないものの存在を想像する力、2018/06/02

けんとまん1007

23
ジュニア新書ではあるが、大人がもっと読むべきだと思う。被害者遺族となって、じぶんからは想像もできない環境に、長い間、置かれるということ。それは、外部からのものも、とても多い。また、自分自身の内的なことも、とても大きなものがあることを知った。時間が解決するという、生易しいものではないことが、感じられる。もちろん、本を読ませていただいたくらいでは、とうていはかり知ることのできない部分もある。ここから、学ぶべきことは、限りなく広い。2016/06/09

zel

17
仕事に関わる本として手にとったけれど。自分の今までを思い出しながら読んだ。とても悲しかったときのこと、どうにもならなかったときのこと、そして、学びたかった教授の名前や今の仕事に関わる詩も出てきて、なんだかとても近くに感じながら読んだ。もちろん全てが全て同感ではないし、ほんとに辛いときに読んだら感じ方も違ったかもしれないし、けれど、読んで良かったと思える作品。タイミングや相手にもよるけれど、おすすめしたい一冊かも。  聴ける人になりたい。2020/09/03

マカロニ マカロン

15
個人の感想です:B+。今日から19年前の2000年12月31日(20世紀最後の日)未明に世田谷区上祖師谷三丁目で起きた世田谷一家殺害事件。著者は被害者一家の当時41歳の母親のお姉さん。ペンネームののirie annは一家の二人の子どもniinaちゃんとreiくんのアナグラムとのこと。犯罪被害者家族、遺族への言われない中傷が世間には渦巻いていて、現に著者の名前をネット検索すると悪意にあふれた書き込み次々とヒットしてくる。犯罪被害者・家族・遺族を支え寄り添う活動(グリーフケア)の大切さを強く感じた。2019/12/31

ちほ(さくら里BookCafe読書会)

11
著者は世田谷事件被害者の姉の入江杏さん 「悲しみに目を背け悲しむことを忌避する社会は実は生きることを大切にしない社会ではないか」事件後の入江さん一家の悲しみと心の葛藤が大河ドラマのように描かれ涙… 入江さんの思いは平野啓一郎『本心』の主人公と重なりました。 入江杏さんは前回のさくら里BookCafe読書会に一般参加して下さったのがきっかけで読みました。お話しできて嬉しかったです。 入江杏さんは、平野啓一郎と交流があるとお聞きして思った感想です。2021/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5969874

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。